こべるん ~変化していく神戸~
F.O.インターナショナル本店跡

旧F.O.インターナショナル本社ビル解体工事 上層階から撤去中



解体工事が本格化している三宮中央通りにある旧F.O.インターナショナル本社ビル。建物全体が防音パネルにすっぽりと覆われました。跡地には1階に店舗を配したオフィスビルの建設が計画されている模様です。



既に上層階の解体はかなり進んでいるようです。取材時には一部のパネルの撤去が開始されていました。



外されたパネルの背後には青空が広がっています。6階は既に消滅していました。これからも各階を急ピッチで撤去していくようです。



1階のゲートからはドリルでコンクリートの躯体を解体するハツリ音が鳴り響いていました。



計画されているオフィスビルは10階程度の規模のようです。解体工事は年内に完了する模様です。恐らく基礎は残し、地上部のみの解体で終える事でしょう。年明けからの動きに注視したいと思います。



先月、地質ボーリング調査が行われていた模様をお伝えした東洋カーマックスパーキング。その後は通常の駐車場営業に戻っています。オフィスビルやホテルの建設も期待できますが、個人的にはかつてここがダイエーであった事を踏まえ、新たな商業施設を建設して欲しいと思います。三宮中央通りの賑わいにも寄与し、旧居留地と三宮センター街間の賑わいのブリッジ的な役割も果たすものと思われます。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です