市庁舎建て替え計画

市庁舎建て替え計画 (仮称)連絡ロビー・エネルギー施設他建設工事 地下階構築が進行中 フラワーロード地下通路との接続もスタート



竣工まで残り約1年となり、工期の半分の工程を終えた(仮称)連絡ロビー・エネルギー施設他建設工事。鉄筋コンクリート造の地下階躯体構築が進められていますが、徐々に鉄骨建方に移行する段階が近づいているようです。

プロジェクト概要

(仮称)連絡ロビー・エネルギー施設他建設工事



所在地 神戸市中央区加納町6-5-1
事業主 神戸市都市計画局
敷地面積 9,512.87平方メートル
建築面積 973.93平方メートル
延床面積 4,579.32平方メートル
高さ 49.28メートル
構造 鉄骨造/鉄筋コンクリート造
階数 地上8階/地下1階
用途 事務所・機械室
設計 神戸市都市局都心三宮再整備課
施工 明和工務店・関建工業JV
工事予定期間 2021年12月~2024年1月







現在の様子



コンクリートの床が出現しています。この床の下には地下2階に相当する緊急汚水槽や設備ピットが設置されている部分かと思われます。



従って出現した床が連絡ロビーを構成する地下1階の床ではないかと思われます。鉄筋がまだ上方向に伸ばされているので、地下1階も鉄筋コンクリート造になるようです。



この地下階から東西に連続し、3階まで乗り継がれるエスカレーターが設置されます。またこの空間はトップライトから自然光が降り注ぐアトリウムとなります。



そして建物の地下階とフラワーロードの地下を「さんちか」から連絡している地下通路を接続する新たな地下通路も構築されています。



地下通路との接続部分も工事が開始されています。



建物が完成すると、ここから連絡ロビーの地下階にアクセスする事ができるようになります。



この地下通路は連絡ロビーだけでなく、更に北側では新市庁舎・集客施設から成る複合ビルの地下階とも接続します。地下階も商業施設となる事が計画されている為、この地下通路の通行量は飛躍的に増える事が期待されます。



高層階に神戸初となる外資系5つ星ホテルが誘致される予定ですが、神戸空港の国際化が進出ブランド確定に追い風になる事は間違いありません。オリックス不動産がこれまで自社保有物件で運営委託している外資系ホテルはハイアットリージェンシーとヒルトンですが、まだ関西未進出のホテルブランドが開業するのが望ましいと思います。ザ・ペニンシュラ、シャングリ・ラ、マンダリン・オリエンタル等が挙げられますが、既に東京に次ぐマンダリン・オリエンタルの二号店には高松市が選ばれています。四国電力が誘致する予定です。
関連記事
市庁舎建て替え計画

市庁舎建て替え計画 (仮称)連絡ロビー・エネルギー施設他建設工事 杭工事が進行中 丸五基礎工業の独断場

2022年6月26日
こべるん ~変化していく神戸~
本格着工している市庁舎2号館跡の連絡ロビー・エネルギー施設。間もなく開館する向かいの新中央区総合庁舎・文化センターと合わせて、庁舎シ …
市庁舎建て替え計画

神戸市役所本庁舎2号館跡 (仮称)連絡ロビー・エネルギー施設建設他工事の入札結果 施工事業者が決定 2024年1月末に完成予定

2021年9月7日
こべるん ~変化していく神戸~
解体中の神戸市役所本庁舎2号館の敷地南側で解体工事の完了直後から着工予定の連絡ロビー・エネルギー施設。この建設他工事の入札結果が判明 …
市庁舎建て替え計画

市庁舎建て替え計画 (仮称)連絡ロビー・エネルギー施設他建設工事 解体から建設工事に移行中か 東町筋の再整備も開始

2022年5月8日
こべるん ~変化していく神戸~
明和工務店が行ってきた旧市役所本庁舎2号館の地上部解体が終わり、敷地の南側で明和工務店と関建工業の2社で開始した (仮称)連絡ロビー・エ …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です