こべるん ~変化していく神戸~
兵庫

市営松本住宅・湊川協同組合ビル再整備 事業協力者は和田興産に決定!完成は2022年予定

hyogokuyakusho21.jpg

湊川商店街の西側入口にあたる市営松本住宅・湊川協同組合ビルは1969年築 地上10階 地下1階で地下階から地上2階は商業施設、3階以上は市営住宅です。敷地面積は約1,929.64平方メートルです。老朽化に伴い建て替えが決定しており、市営住宅は廃止される予定です。

「 魅力ある商業機能や居住機能を持った新たなまちの顔となる施 設を導入することにより、兵庫区の中心地としてふさわしい良好な市街地環境への改善が強く望まれる」という再整備方針に基づき、分譲マンションと店舗という組み合わせの再開発ビルの建設が想定されており、10月には民間事業協力者が決定する予定でした。


スケジュールは少し遅れたようですが、市のプレスリリースによって事業協力者が和田興産に決定したと発表がありました。計画されている建物の概要は以下です。

名称 湊川共同組合ビル
所在地 神戸市兵庫区
規模 地上14階
敷地面積 1,929.64㎡
建築面積
延床面積 12,700㎡
高さ
構造 鉄筋コンクリート造(住宅部分) 鉄骨造(店舗部分)
用途 共同住宅 店舗
設計
施工 未定
事業主 神戸市 和田興産
完成予定 2022年4月
来春には土地の明け渡しが行われる予定です。


現建物内にあるミナイチ市場も商店主の高齢化によって存続の困難性が高まっており、建て替えによって施設を縮小しつつも一新します。新築ビルの北側1階部分を別構造で建設し、延床面積240平方メートルの店舗ビルになる予定です。また同時にアーケードの架け替えも行われるようです。完成は2022年4月を予定しています。

hyogokuyakusho22.jpg

隣接した敷地では兵庫区の新庁舎が建て替え中です。南北に連なる老朽化した建物が相次いで一新される事になります。湊川商店街周辺の商業施設や共同住宅等の建物は60-70年代の同時期に建てられており、そのいずれも更新時期を迎えています。神戸の台所と呼ばれる湊川市場にある店舗の店主も高齢化が進んでおり、この古き良き商業地域も今後の在り方についてのビジョンが問われる事になります。

関連記事

POSTED COMMENT

  1. ヨッシー より:

    近所なので子供の頃からよく買い物に行きました。新しくなるのは素敵なことですが、
    あの市場がなくなるのは少し寂しいですね。

  2. 現役不動産屋 より:

    和田興産が良い条件を出したのか、他に手を挙げるデベがいなかったのか、地元企業だからなのか…色々邪推してしまいますね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です