兵庫

兵庫区水木通に新中山記念会館を竹中工務店が施工中 今秋に大開通りの新ランドマーク誕生



神戸市内の大通りでも特に車線数が多くまさに大きく開けた兵庫区の大開通り。この通りで比較的大きな鉄骨造の建物が建設中です。



水木通2丁目の神戸市立心身障害福祉センター跡地に建設されているのが公益財団法人中山視覚障害者福祉財団の中山記念会館です。市の障害者福祉の拠点となる施設を誘致することを条件に売却する事業者の公募によって同財団が選定されました。



建設されている建物は既存建物解体後、昨夏に着工。地上5階 地下1階 鉄骨造で延床面積5,715.91平方メートルの規模でファサードのユニークな外観の建物になる予定です。



設計と施工は竹中工務店神戸支店が受注。



竹中のシルバータワークレーンが稼働しています。



コーナー部はアールを描くランドマークになる模様です。



デザイン性の高い建物になる予定なので、養生ネットと足場が撤去される日が楽しみです。現在の中山記念会館は春日野道駅近くにありますが、この新会館の完成後に移転します。竣工は9月を予定しています。



同じく大開通りに鎮座するオフィスビルが資生堂神戸ビル。98年築の賃貸オフィスビルです。資生堂販売株式会社近畿支社神戸支店も入居しています。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です