広島

地域探訪:広島・基町相生町第一種再開発事業 高さ160mの超高層複合ビルの詳細イメージパースが公開される



「基町相生通地区第一種市街地再開発事業」は広島県庁に隣接した市営基町駐車場や朝日新聞社、朝日ビル等を一体的に集約し、は地上31階 延床面積約 86,600平方メートル 高さは160mの超高層ビルを建設する大規模再開発プロジェクトです。



この広島都心に誕生するランドマークタワーの完成予想イメージが公開されました。広島商工会議所、店舗、駐車場を入れる低層部とオフィスの中層部の上に、セットバックして更には角度を付けた高層部をホテルとするガラスのタワーは、生まれ変わる広島を象徴する建物になりそうです。

基町相生通地区第一種市街地再開発事業



代表施行者: (独)都市再生機構
共同施行者: 朝日新聞社、朝日ビルディング、中国電力ネットワーク
地権者: 朝日新聞社、朝日ビルディング、中国電力ネットワーク、広島市、広島商工会議所

区域面積: 約1.0ha
敷地面積: 約7,500m²
建築面積: 約5,700m²
延床面積: 約86,600m²(容積率対象:約66,900m²)

<高層棟>
用途: 事務所、ホテル、店舗、駐車場、駐輪場
建物高さ: 約160m
階数: 地上31階 地下1階

<変電所棟>
用途: 変電所、駐車場
建物高さ: 約20m
階数: 地上5階

<市営駐輪場棟>
用途: 市営駐輪場
建物高さ: 約20m
階数: 地上5階 地下1階



当初に公開されていたイメージから大きく変容し、非常に都会的でシャープな外観の超高層複合ビルになります。

総事業費は約460億円を見込み、22-23年度に着工、27年度の完成を予定しています。

この基町相生通地区再開発と同時期に着工し、26年度に完成予定の雲井通5丁目再開発ビルは既に施工認可も下りていますが、イメージパースは事業協力者選定時の2018年に公開されたきりで、最終的な絵姿は未だ明らかではありません。半年後には既存建物の解体撤去を開始する訳ですから、早期の公開と具体的な内容発表を切に望みます。

 
関連記事
広島

地域探訪: 広島・「大同生命広島ビル」新築工事着工 相生通に新たな新築オフィス 紙屋町界隈はオフィスビルの建て替えラッシュ

2023年3月20日
こべるん ~変化していく神戸~
広島市の目抜き通りの一本である相生通り沿いで新たなオフィスビル計画が始動します。鯉城通りと交わる紙屋町交差点近くで解体が進められてい …
広島

地域探訪: 広島・JR広島駅ビルのデザイン発表 精細なパース公表によって明らかになったシンボリックなステーションシティ

2021年2月28日
こべるん ~変化していく神戸~
大阪西、三ノ宮と並びJR西日本の中期経営計画で三大プロジェクトとして進められているJR広島駅ビルの建替計画。既に既存駅ビルASSEの …

POSTED COMMENT

  1. 通りがかりさん より:

    自分は広島出身なんでワクワクさせられます。
    ここは八丁堀と紙屋町の真ん中なので、神戸で言えば、三ノ宮と元町の真ん中に160㍍のビルが建つ感じですね。
    広島は他にも中心部に大型になりそうな建物が複数建つ予定なので、広島の街がリニューアルしていく勢いは止まらないと思います。
    神戸も続いて欲しいんですが規制がネックにならなければ、と思いますね。

    • しん@こべるん より:

      広島はブロック都市としての強みを存分に活用し始めていますね。これまではどちらかと園内言えば札幌、福岡、仙台に比べて再開発は遅れていました。今はそれを一気に埋めようとする勢いかと思います。神戸はおかしな規制で自らを縛ってなにが本当にしたいのか分からないひねくれた歪な都市経営が行われています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です