三宮

加納町3丁目交差点改良工事 横断歩道設置・歩道拡幅工事が進行中 周辺のプロジェクトも進捗



本格的な土木工事が進行する加納町3丁目交差点。北側のフラワーロードに架かる歩道橋を撤去して、横断歩道を設置すると共に、歩道拡幅や交差点内の改造を進めています。

プロジェクト概要

加納町3丁目交差点改良工事



発注者
工事場所 神戸市中央区加納町3丁目~布引町2丁目
工事延長L=0.3 ㎞
道路土工1式 車道舗装工 137㎡ 歩道舗装工 404㎡ 街渠工 340m
道路付属物工1式
歩道照明施設工1式
横断歩道橋撤去工1径
完成予定 2022年8月31日

改良工事の対象エリアは交差点の北側からフラワーロードを含む300m


交差点付近の改良工事の内容は山手幹線の横断歩道拡大、フラワーロードに横断歩道新設、交差点付近の歩道の拡幅・舗装等



北側のフラワーロードでは舗装、照明設備の更新、横断歩道の廃止等











フラワーロードの光のミュージアムをこの区間にも適用。沿道に統一されて設置されてきたオリジナル街路灯やその他のポール灯や埋め込み照明等、新しい照明設備に更新



フラワーロードを横断する歩道の設置に伴い、頭上の歩道橋は撤去を予定



工事状況の様子


山手幹線側の横断歩道にある中央分離帯に防護壁を新たに構築しています。



そして交差点の北東側の歩道で車道と歩道の現状変更工事を行なっています。



交差点付近で車道1車線を減少し、歩道拡幅に充てています。



この為、イスズベーカリー前の交差点付近の歩道は広場に近い大きさに拡大します。



車道に位置を内側にずらしてエプロンが新設されています。これにより街路樹は歩道の中央に位置する事になります。植栽は撤去するのでしょうか。



ユニゾイン神戸三宮前から歩道の拡幅が行われています。歩道はこれまでの約1.5倍に広がる事になります。



フラワーロードを挟んで反対側の歩道も拡幅の改良工事が行われています。



今回の改良工事で南進できる車道は2車線に絞られました。工事完了は8月末を予定していますが、既存の歩道橋撤去も含まれているのでしょうか。



加納町交差点は最終的には全ての歩道橋を撤去した上で、山手幹線のアンダーパス化が構想されています。これは三宮クロススクエアの整備と同時に進められていく予定ですが、具体的な道筋は示されていません。



交差点内で最も大きなプロジェクトとしてポテンシャルを秘めるUR布引ビル跡地。未だ既存建物の解体が進行しています。地下躯体の撤去は大詰めを迎えているようです。



南側は撤去が完了して埋め戻しが終わっています。北側もまもなく完了する気配です。9月以降は北側に隣接するイスズベーカリー本社ビルの解体にそのまま入って行く事になるのでしょうか。跡地利用はやはり転売によって新たな開発事業者を募る事になるのか。



高井商事のテナントビルも基礎工事が終わりこれから鉄骨建方に入る準備が進められているようです。交差点は大きく変わろうとしています。

関連記事
三宮

神戸ロフトが改装前のセールを実施中 4月にリニューアルオープンを予定するが新館4階のみの営業に売場面積縮小!?

2022年2月15日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸阪急新館の1-4階で営業してきた神戸ロフト。前身のそごう神戸店が西武百貨店を擁するミレニアムリテイリングに譲渡された暁に、テコ入 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です