三宮

加納町3丁目プロジェクト TAKAI B.L.D新築工事 鉄骨建方完了 加納町6丁目交差点はTAKAI村になるか?



加納町6丁目交差点周辺開発ネタが続きますが、交差点西側で建設工事が進むのが、加納町3丁目プロジェクト TAKAI B.L.D新築工事です。加納町や布引町を中心に急速に都心エリアの不動産物件の取得や新築ビルの建設を進めている高井商事の新規プロジェクトです。

プロジェクト概要

加納町3丁目 TAKAI B.L.D 新築工事



事業者 高井商事株式会社
所在地 神戸市中央区加納町3丁目10 番1号
敷地面積 130㎡
建築面積 117㎡
延床面積 964㎡
規模 地上10階
用途 共同住宅(65戸) 店舗 駐車場
構造 鉄骨造
設計者 株式会社エヌ・エイチ・ケイ日本ハウス神戸
施工者 株式会社エヌ・エイチ・ケイ日本ハウス神戸
竣工予定 2023年3月







9月中旬位から鉄骨建方が開始されましたが、鉄骨工事は既に完了した模様です。敷地全体に鉄骨が最上層の10階まで組み立てられました。高さは周囲の建物と揃えられています。



三角地という敷地の形状から建物は三角形です。西側のコーナーはかなり鋭角です。1-2階はテナント、それより上階は住宅という構成ですが、この三角形をフロアレイアウトにどう反映させるのでしょうか。



北側は非常階段となっています。



高井商事の本社ビルである布引町TAKAI BLDは1-2階のテナントフロアを除くと、アールを描くカーテンウォール部分は全フロアが企業オフィスとして使用されています。しかしフロアのそれ以外は住宅です。同じフロアにオフィスと住宅が入る特殊な構造です。加納町TAKAI BLDも東南面がカーテンウォールですので、似たような用途となる可能性があります。



しかしここ最近の高井商事のアグレッシブさは目を見張ります。次々と新しいTAKAI BLDが出現しています。最近も西元町駅近くの石黒神戸ビルが取得されて、新しいTAKAI BLD化されました。不動産業だけでなく、MotherMoonCafeを中心とする飲食業、自動車関連業等、多角化経営で規模拡大を図っていく様は、次のジーライオングループとも言える存在です。



交差点を挟んで向かいにはこれから解体の始まるイスズベーカリー旧本社。この再開発にも高井商事が参画すると交差点はTAKAI村になります。
関連記事
三宮

フラワーロード・旧柏井ビル(セントラルシティ神戸三宮駅前第2ビル)他の跡地はひとまず暫定利用へ移行 将来の再開発を睨むか

2023年12月21日
こべるん ~変化していく神戸~
加納町・フラワーロードで解体が進められていた旧柏井ビル及びエピファニービルは建物地上部の撤去が完了し、更地となりました。この土地活用 …
三宮

三宮11街区連絡地下道補修及び内装改修工事 将来の三宮センター街一帯の再開発も見据えて地下通路の在り方も考えたい

2024年3月21日
こべるん ~変化していく神戸~
三宮中央通りの地下通路が「サンポチカ」と改称されてリニューアルが完了してから早1年半。通行量増には一定の効果をもたらしたものと思われ …
三宮

三宮-元町間界隈の新規開店・閉店状況 Withコロナによる回復と訪日客増で路面店の空きテナントへの出店に拍車が掛かるか?

2022年10月18日
こべるん ~変化していく神戸~
コロナ禍によって経済活動が減退し、街の活性化の大きな妨げとなってきましたが、弱毒化によって「withコロナ」化を促進できる環境が整っ …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です