須磨

(仮称)須磨区高倉台再開発計画 中核テナントの食品スーパーにはヤマダストアーの出店決定



第二神明道路須磨インターに程近い須磨須磨区高倉台にあった旧兵庫県立こども病院はポートアイランドへ移転し、約3ヘクタール以上に及ぶ広大な跡地は商業施設として再開発される計画です。神鋼不動産が17億4888万円で取得し、同社を代表企業としてソネック、大和ファシリティーズが再開発を行います。

プロジェクト概要

(仮称)須磨区高倉台再開発計画



所在地 神戸市須磨区高倉台1丁目1
敷地面積 31,157.50平方メートル
店舗面積 2,660平方メートル (I期)
駐車場 167台 (I期)
事業者 神鋼不動産 ソネック 大和ファシリティーズ



誘致予定のテナント
食品スーパー、ドラッグストア、コスメ雑貨、アパレル等の物販店 、レストラン、カフェなどの飲食店、クリニックモール、保育所、美容室、フィットネスジム等



出店決定テナント ヤマダストアー (2021年秋開業予定)



建設状況の様子



更地化された広大な敷地では一部で検察工事も開始されています。



工事名称は高倉台再開発計画 建築A工事(I期)。神鋼不動産が発注し、ソネックが施工しています。同社は高砂市に本社を構え、兵庫県内を中心に様々な建設工事に関わっています。トアロードのBAL ANNEXも同社が施工しました。



敷地内は土地の造成と区画整理が進み、新たな道路整備も完了しています。



建築工事の進む中央街区。最大の物販店舗棟が建設されています。この店舗棟は6,000平方メートル程の床面積が想定されていましたが、この建屋に出店する第一号テナントが決定しています。



進出するのは揖保郡太子町に本社を置くヤマダストアー。姫路、高砂等、播磨地区に複数の店舗を展開する食品スーパーが神戸初進出します。

2,600平方メートルの売場面積と167台の駐車場を構えます。11月末のオープンを予定しています。



他の街区でも重機が入っています。複数期に分けてそれぞれのエリアで店舗の建屋を順次、建設していく模様です。



目の前の大通りから信号の設置されている中央の道路を経て左右に店舗棟が両翼を広げるように配置されます。



オープンモールとして商業施設と医療施設のテナントを募っています。妙法寺や名谷からの車でのアクセスも良く、地域の拠点として密着型の賑わい施設となります。



今後のテナント誘致に注目が集まります。第二、第三の進出テナントの決定が待ち望まれます。

POSTED COMMENT

  1. sirokuma より:

    ここから妙法寺方面へ700m程の須磨ゴルフセンター跡地も4,000坪位あると思いますが、整地作業が進んでいますね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です