神戸駅周辺

(仮称)神戸駅前大晶ビル新築工事 杭工事が終わり山留工事に着手



JR神戸駅前北側ロータリーに面して建設工事が進行する(仮称)神戸駅前大晶ビル新築工事。老朽化していた既存建物を解体してその跡地に新築のテナントビルを大晶興業が村上工務店の施工で計画しています。

(仮称)神戸駅前大晶ビル新築工事

所在地 神戸市中央区相生町2-3-4
事業者 大晶興業株式会社
敷地面積 約322m2
建築面積 約282m2
延床面積 約2,419m2
高さ 30.3m
構造 鉄骨造
規模 地上9階
用途 店舗(物販・飲食・クリニック・学習塾)
設計 建築設計工房OKAMOTO
施工 村上工務店



看板が解体工事から新築工事に切り替わりました。



飲食店や物販店、クリニック、学習塾をテナントとして想定しています。この中のクリニック、学習塾ほ既にテナントとして決定しているようです。



場所打ちコンクリート杭工事は完了し、山留工事が開始される模様です。基礎の構築を経て、年明け位から鉄骨建方に着手するものと思われます。



変形L字型の敷地は東西に長い形状です。



今後、駅前広場の大規模再整備が予定されています。既に神戸駅前広場再整備設計業務委託事業者の募集は終了しており、年内にプレゼンが行われた上で来年早々には事業者が決定します。広場の再整備が始まり、賑わいを生めば、広場に面した老朽化した雑居ビル街にも建て替えや再開発の機運が醸成されてくるかもしれません。今後も大晶ビルに続くプロジェクトに期待を持ちたいと思います。

関連記事
神戸駅周辺

メトロこうべ地下通路美装化工事 一部の天井美装化が早くも完成 デュオこうべも最終未着手区間の美装化を進める

2021年11月19日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸高速鉄道株式会社と阪神電気鉄道株式会社は7月から神戸高速線新開地駅と高速神戸駅を連絡する地下通路「メトロこうべ中間通路」の美装化工事 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です