こべるん ~変化していく神戸~
八幡通4丁目計画

ザ・パークハウス神戸三宮 神戸市中央区八幡通4丁目計画新築工事


小野八幡神社の新社殿が完成し、いよいよ敷地内で着工した三菱地所レジデンスの分譲マンションプロジェクト。その正式名称が早くも決定し、公式サイトも公開されました。その名も「ザ・パークハウス神戸三宮」。

名称 ザ・パークハウス 神戸三宮 (仮称)神戸市中央区八幡通4丁目計画 新築工事
所在地 神戸市中央区八幡通4丁目323番
規模 地上19階 地下1階
敷地面積 1,438.35㎡
建築面積 714.80㎡
延床面積 10,783.73㎡
高さ 59.96m
構造 鉄筋コンクリート造
用途 共同住宅(神社付)
設計 現代綜合設計
施工 フジタ
事業主 三菱地所レジデンス 小野八幡神社
完成予定 2021年1月31日

新規公開されたパースは色調が暖色系に変更れている他、壁面のディテールが特徴的です。


地上19階建ですが、タワーの称号は与えられませんでした。業界では20階を越えないと、タワーと認識されないようです。


物件を宣伝するラッピング広告が仮囲いに貼られました。

キャッチフレーズは

 
小野 八幡神社と一緒に描く総105戸の邸宅構想
三宮の進化が未来を変える。
 


この建物が国の特定都市再生緊急再整備地区内に建設される事を訴求しているようです。黄色の線が同指定地域を示しています。


着工したと言ってもまだ一部の掘削に入った程度です。これから本格的に杭工事を開始していくものと思われます。ご利益のあるタワーとして人気が出るでしょうか。


2日連続でパークハウスの大型物件プロジェクトを取り上げました。三菱地所レジデンスは神戸の都心で積極的に開発を進めています。葺合54号南線の居住人口はかなり増加しています。神戸市中央区の人口増加率は関西でも有数です。業務開発とバランス良く両輪となれば、都市に活力を与えます。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。