三宮再整備

(仮称)磯上公園内体育館建設工事 地上階躯体工事が大詰めを迎えている



磯上公園グランド北側で建設工事の進む(仮称)磯上公園内体育館。1.5ヶ月ぶりの現地訪問となりましたが、躯体工事がかなり進捗していました。

プロジェクト概要

(仮称)磯上公園内体育館建設工事



事業者 神戸市
所在地 神戸市中央区八幡通2-1
敷地面積
建築面積 1,660.90㎡
延床面積 3,087.22㎡
規模 地上2階
構造 鉄筋コンクリート・一部鉄骨造
設計 石本建築事務所
施工 湊建設工業
完成予定 2022年6月30日

1階:エントランスホール、休憩スペース、多目的室、トレーニング室、男女更衣室・シャワー室、授乳室、パウダールーム、倉庫等

2階:アリーナ

建設状況の様子



既にほぼ躯体工事は大詰めを迎えているようでした。この建物も鉄骨を梁に使用し、壁と柱は鉄筋コンクリートというRCSハイブリット工法を採用しているようです。



足場がかなりの高さに達してきました。

https://minatokensetsu.co.jp/bukken/3767.html

施工を手掛ける湊建設工業のホームページでは施工中物件の進捗を確認できます。既に上層部屋根のコンクリート打設が完了しているようです。



まだ歩道を含めた外構の整備工事は着手に至っていません。今後、電線の地中化も進められて、スッキリする予定です。



磯上グランド南側から眺める磯上体育館。オフィスビルに囲まれています。



新中央区総合庁舎、KIITOへの三ノ宮図書館移転、そして磯上体育館と来秋の雲井通再開発の始動に向けて、着々と準備が形になりつつあります。

関連記事
三宮再整備

葺合南29号線電線共同溝整備工事 既存道路は掘削と埋め戻しの繰り返しでもうボロボロ 都心の電線地中化は至上命題

2021年9月1日
こべるん ~変化していく神戸~
フラワーロードと葺合南54号線を東西に結ぶ道路の一つである葺合南29号線。この小通りの再整備工事が進行しています。 プロジェクト概 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です