大和証券神戸ビル建替

(仮称)大和証券神戸ビル新築工事に伴う解体工事が開始される!10階建ての新築オフィスビルへ建替



大和証券神戸支店の神戸三宮阪急ビルへの移転に伴って閉館した大和証券神戸ビル。建物を保有する大和ファシリーズは既存ビルを解体し、新たに地上10階 延床面積約6,000平方メートルのオフィスと店舗から構成されるビルへ建て替えを行います。

当ブログにて昨夏にボーリング調査実施の模様をスクープしてから1年で解体開始に至りました。

プロジェクト概要

(仮称)大和証券神戸ビル新築工事



所在地 神戸市中央区三宮町1-2
事業者 大和証券ファシリティーズ
敷地面積 約652㎡
建築面積 約555m2
延床面積 約5,939 m2
階数 地上10階 地下1階
用途 オフィス 店舗
建物⾼さ 44.9m
構造 鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
設計者 前田建設工業
施工者 前田建設工業
竣工予定 2023年11月

現在の様子



現地ではいよいよ既存建物の解体工事が開始されました!仮囲いが設置され、足場の組み立てを含む仮設工事が本格化しています。



工事名称は「(仮称)大和証券神戸ビル新築工事に伴う解体工事」。新しい建物の設計・施工を担う前田建設工業が解体工事も合わせて行います。



解体工事の完了は約半年後の11月末を予定しています。また新築建物の着工は解体完了後の12月。



隣ではダイワロイヤルが建設するホテル・店舗ビルが建設中です。隣接するビルが連続で新築建物に更新されています。



新しい大和証券神戸ビルの高さは約45m。隣接するダイワロイネットホテルは高さが58.5m。これらの2棟が完成すると、そこそこの迫力と風格のあるスカイラインが形成されます。



三宮中央通りは民間開発による建設ラッシュです。これらに続く更なるプロジェクトの浮上を期待したいところです。また沈黙を貫く三宮町2丁目計画にもそろそろ動き始めて欲しいですね。緊急事態宣言が解除されたら何らかのアクションがあるでしょうか。
関連記事
大和証券神戸ビル建替

(仮称)大和証券神戸ビルが神戸市のオフィスビル建設促進制度第1号に認定される 新制度は更なる民間オフィス開発を誘発するか

2021年12月18日
こべるん ~変化していく神戸~
大和証券ファシリティーズ株式会社が三宮町1丁目で建て替え中の大和証券神戸ビルについて、神戸市はオフィスビル建設促進制度第1号認定を行 …
大和証券神戸ビル建替

(仮称)大和証券神戸ビル新築工事 既存ビルを10階建てのビルに建て替えへ 三宮中央通り四大プロジェクト

2021年4月28日
こべるん ~変化していく神戸~
三宮町1丁目の大和証券神戸ビルから完成したばかりの神戸三宮阪急ビルの2階及び5-6階に移転した大和証券神戸支店。昨夏には既存ビルの敷 …
大和証券神戸ビル建替

(仮称)大和証券神戸ビル新築工事 鉄骨建方が完了 躯体が完全体に 早期にカーテンウォールに覆われた姿が見たい

2023年7月1日
こべるん ~変化していく神戸~
11月に竣工を予定する(仮称)大和証券神戸ビル。最終的なビル名称は「大和神戸ビル」になるものと思われます。鉄骨建方が進められてきまし …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です