こべるん ~変化していく神戸~
新港突堤西地区再開発

三宮新港町計画 文化施設棟の地上躯体が姿を現し始めた! 他工区も順調に工事が進む



いよいよ街としての骨格が生まれつつある三宮新港町計画の再開発エリア。鉄骨造の建物群が先行して地上に立ち上がっていますが、これらを追従する鉄筋コンクリート造の建物群も躯体工事を進めている途上であり、まずは長らく基礎工事を進行させていた文化施設棟がいよいよ地上部に現れ始めました。



文化施設棟の南側。配筋と型枠、コンクリート打設が進行中です。



敷地の北側は更に工事が進んでおり、仮囲いの高さを越えて、円形型に柱の鉄筋が空に向かって伸びていく姿が確認できました。



隣接する工区では南側の店舗棟と連結したフェリシモ本社ビルが8階部分の構築を進めています。店舗棟もデッキプレートが取り付けられ足場が組まれました。カーテンウォール取付もまもなく始まるかと思います。



臨港道路をは何で向かいのGLION本社ビル建設工事でも新たな変化が見られました。



外壁工事が開始されました。西側端部にPCカーテンウォールの取付が開始されています。



そして1-2階部分でも外壁工事の準備が始まっています。



鉄骨工事が進行中の駐車場棟。ほぼ鉄骨建方が完了しつつあります。



駐車場棟らしくなってきました。



先日、2020年秋OPEN予定とあった看板が2020年冬の開業予定に変更されたと記載(今冬への延期と思いこんでいた)のですが、よくよく見ると21年冬のOPEN予定と書かれており、開業は1年以上後の話になるようです。建物の完成は順調に進めば年内竣工もあり得るかと思いますが、他工区の施設の開業時期に遅れが生じているものと思われ、これらに歩調を合わせる形でオープンを後退させたのでしょう。



住宅棟も遂に躯体工事が開始されています。文化施設棟が立ち上がり、住宅棟にタワークレーンが登場すれば更にこの再開発プロジェクトは周囲からの注目度が高まってくるかと思われます。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です