新港突堤西地区再開発

三宮新港町計画・歩行者デッキネットワークの構築が進行中 南側は完成・供用開始 将来的な拡大も期待大



中核集客施設の神戸ポートミュージアムが開業し、賑わいが生まれている新ウォーターフロント街区の新港町ですが、現在、メインとなる立体駐車場棟とKPMを連絡するのは1階の狭い通路のみです。駐車場棟のエレベーターも3機中、2機は2-RF階のみを行き来する設計となっており、2階から接続する歩行者デッキの開通が待ち望まれています。



KPMと同時に供用開始になるのかと思っていましたが、橋の躯体が出来たところで工事は休止状態に一時留め置かれていました。しかしここに来て仕上げ工事が再開されています。



南側街区で既に供用開始されているデッキと共通のデザインが採用されており、手摺は格子状のアルミ製です。



臨港道路を跨ぐ橋の仕上げも進みます。全面がダークグレーに塗装されて雰囲気が変わりました。



左側半分は手摺にガラスが取り付けられています。



ビル群の間を貫くデッキは都会的です。このデッキ上から眺める将来の臨港道路沿いの景観に想いを馳せるとワクワクしますね。



デッキ床の仕上げも供用開始している部分と同様です。



このデッキと接続しているKPMやステージフェリシモ周りの南側のデッキは既に完成しており、全面的に供用が開始されています。



ステージフェリシモの2階部分に直結したデッキ。KPMとフェリシモチョコレートミュージアムを結んでいます。



その途上にあるのが、1階へと誘うシンボリックな大階段。



完成イメージでは全面ウッドデッキの大階段でしたが、設計が変更されたようです。



階段の一部をデッキベンチにしています。



気候が良ければ大勢の人々で賑わう憩いのスポットになる事に間違いないでしょう。神戸国際会館のボイド空間を彷彿とさせます。



フェリシモ本社南側の低層棟内には都市型ワイン増醸所「エフワイナリー」が完成。3階デッキにはブドウ畑があるそうです。



先端にこの自家製ワインと軽食が楽しめる「スタンド」エリアがオープンしました。



長らく工事が行われていた最南端のデッキもようやく完成しました。なかなかデザイン性の高い仕上がりです。



デッキ上の様子です。潮風が気持ちいい開放的な空間です。



ステージフェリシモの2階南端部とも接続しています。



まだデッキの東側は殺風景な倉庫港湾エリアの風情が残っていますが、2年後には一変する予定です。



デッキから眺めたステージフェリシモ周りの様子です。



第2突堤周辺の再開発が進むと、このデッキも更に延伸や拡大が行われるかもしれません。今後の発展も期待できそうです。

関連記事
新港突堤西地区再開発

三宮新港町計画 ツインタワー名称は「ベイシティタワーズ神戸」に決定 ! フェリシモ本社は基礎構築着手

2020年3月17日
こべるん ~変化していく神戸~
各工区で基礎工事が進行中の三宮新港町計画。大成建設の施工で建設を進めている超高層のツインタワーマンションの西棟は住友不動産が事業主ですが …
新港突堤西地区再開発

三宮新港町計画 フェリシモ本社オフィス棟の外観完成近づく GLION本社も外装工事が進む KPM躯体工事は2階へ

2020年11月4日
こべるん ~変化していく神戸~
3週間ぶりに訪れた新港突堤西地区。各工区での施設の建設工事は色々と進捗が見受けられました。 KPM 神戸ポートミュージアムに施設名 …
新港突堤西地区再開発

三宮新港町計画 各工区で基礎工事が継続する中、フェリシモが地上躯体工事着手へ1番乗りを果たすか?

2020年5月14日
こべるん ~変化していく神戸~
引き続き本格的に各工区で大規模な基礎工事が進行している新港突堤西地区の三宮新港町計画。全8工区に分けられて開発が進められています。  …
新港突堤西地区再開発

KPM神戸ポートミュージアムが開業!かつての倉庫街・新港町エリアに賑わいが生まれる ウォーターフロント新時代の幕開け

2021年11月1日
こべるん ~変化していく神戸~
合同会社AQUART神戸が計画し、大成建設の設計・施工によって建設を進めてきた三宮新港町計画の再開発エリアで最大の複合商業集客施設「 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です