三宮再整備

三宮再整備・東町筋道路改良工事その2 東西の歩道幅員拡大を開始



リニューアルされた東遊園地の西側全面に接している東町筋の道路改良工事が進行しています。歩道の幅員拡大と共にインターロッキング舗装ブロックの刷新と照明設備の更新が主な目的です。



東遊園地に接する東側の歩道が大きく拡大されています。特に東遊園地のエントランス周りは、より大きな開放感を持たせる為、広場的な空間に改造されています。



また西側の歩道も改良工事が開始されました。仲町通りとの交差点付近は西側の歩道も大きく膨らんでいます。



元々、東町筋の南側はそこまで人の通行は多くありませんが、東遊園地の再整備によって状況は変わりつつあります。



東町筋は電線の地中化も既に完了しているので、工事の進捗はスピーディーです。ただ西側の歩道には現在、殆ど照明設備がありません。



工事の開始によって東側にあった既存の照明も全て撤去されています。新設される照明は既に整備の完了している北側の設備と同じものを採用するようです。



上空から眺めた東町筋の改良工事区間です。この道路の南側にある神戸パールミュージアムは解体の方針が固まりましたが、なかなかその後の動きが見られません。東遊園地から周辺部へと再整備や再開発の波が波及していって欲しいですね。

関連記事
神戸三宮阪急ビル

神戸阪急ビル増築工事 神戸三宮阪急ビルの従来の仮囲いが撤去される サンキタ通りの再整備も大詰め

2021年2月4日
こべるん ~変化していく神戸~
いよいよ開業まで3ヵ月を切った神戸三宮阪急ビル。先週は阪急阪神ホールディングスよりビルの概要やテナントについて公式プレスリリースが発 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です