三宮再整備

三宮クロススクエア 中央幹線一部改良 神戸阪急前バス停工事完成



三宮クロススクエアの先行整備の一環として今年予定された中央幹線改良の一次工事が完成を迎えました。神戸阪急前のバス停の歩道拡幅が完了しています。



このバス停は神戸市バス、阪神バス、神姫バス等の路線バス発着場となっており、これまでは3バースで対応していました。



車道を1車線潰して歩道を拡幅。点字ブロックも埋められました。バースは拡幅された分、外側に押し出されました。屋根の移設は今回は見送られたようです。



西側にバースが1つ新設されました。この追加バースはポートアイランドへ増便される神姫バス専用になります。



路側帯の側溝埋設と歩道の盛り土は途中までに留められました。



コーナー部には仮設ガードレールを置いて、ひとまずこの状態で工事を終えます。



手前のバースが中長距離バス専用で、奥が今回、改修された路線バス専用です。元々、中長距離バスのバースは阪神神戸三宮駅の改修工事と合わせて歩道を拡幅し、車線減少を行っていましたので、今回の工事はその延長のような位置付でした。



この改良工事はポートアイランドへのバス増便に対応するバース設置に伴って、将来的に行う工事を先行的に進めた形です。



二次工事として今夏に三宮東交差点周りの改良工事も実施する予定です。交差点付近の歩道の拡幅、中央分離帯の改修、信号機の歩行者横断時間を短縮し、自動車信号の青時間を延長を行います。2026年までにこの一帯は大きく変貌を遂げる予定ですが、本格的な工事が開始されるのはまだ3〜4年先の話になりほうです。ただJR駅ビルの建設進捗次第では、駅前広場の再整備に伴って一部の工事に先行着手する可能性はあります。駅前広場の再整備を完了させないと、駅ビルの建設開始は叶いません。この動きは来年~再来年度に掛けて現れてくる様相です。

関連記事
三宮再整備

三宮再整備・東遊園地再整備工事 (その1) 園内は一体化した巨大な造成地へ変貌 3月末までの工事完了は難しいと思われる?

2022年3月8日
こべるん ~変化していく神戸~
1月中旬からほぼ全面的に閉鎖に入って東遊園地は本格的な再整備工事が開始されてから、早4ヶ月が経過しました。予定では3月末の工事完了を …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です