海岸通1丁目ワコーレ

ワコーレ ザ・神戸旧居留地レジデンスタワー 地上階躯体はいよいよ最上階19階に到達!



海岸通・神戸メリケンビルの西側で既に聳え立つ姿が様になってきたザ・神戸旧居留地レジデンスタワー。地上19階 総戸数128戸の和田興産が手掛けるタワー型分譲マンションです。

プロジェクト概要

ザ・神戸旧居留地レジデンスタワー



事業者 和田興産
所在地 神戸市中央区海岸通1-1-2
敷地面積 1,317.89平方メートル
建築面積 1,006.99平方メートル
延床面積 12,651.95平方メートル
高さ 59.8メートル
構造 鉄筋コンクリート造
階数 地上19階 地下1階
用途 共同住宅 128戸
設計 大土呂巧建築設計事務所
施工 東レ建設
竣工予定 2022年9月

2層吹き抜けのエントランス前のグランドロビー



1階 オーナーズラウンジ



8-9階の中央部分だけカーテンウォールが採用



2層吹き抜けのザ・ベイサロン



メディアラウンジ



住戸からは目の前に神戸港が広がる

建設状況の様子



地上躯体構築工事は最終段階に入っており、周囲の建物を圧倒する存在感を放っています。



目視で数えても既に最上階の19階に達しているようです。



作業予定を確認すると19階の躯体工事に着手しています。上棟は目前といったところでしょう。



昨年の今頃に地上躯体構築が開始されていたので1年掛けて19階に達しました。タワークレーン1機による施工なので、ペースとしては遅いですね。



1階の柱は既に花崗岩タイルが貼り付けられていました。色調はほぼ完成予想パース通りです。4階以上の住戸フロアのガラス手摺の仕上がりが気になるところです。



ベールを脱いだ後、神戸メリケンビルとの並びがどのように見映えてくるのか。また建物頂部周りに夜間の照明演出が行われるのかにも興味津津です。



京町筋との交差点付近から遠望するワコーレ ザ・神戸旧居留地レジデンスタワー。海岸通沿いの風景にインパクトを与えています。

関連記事
海岸通1丁目ワコーレ

ワコーレ ザ・神戸旧居留地レジデンスタワー 建物外観完全お目見え 重厚感溢れるランドマークの出現

2022年4月20日
こべるん ~変化していく神戸~
完成が徐々に近づく海岸通りに聳える新ランドマークであるワコーレザ・神戸旧居留地レジデンスタワー。建物を覆っていた足場が完全に撤去され …
海岸通1丁目ワコーレ

ワコーレ ザ・神戸旧居留地レジデンスタワー新築工事 本格的な基礎工事開始に向けて準備が進む

2020年3月20日
こべるん ~変化していく神戸~
公式ウェブサイトも公開され、東レ建設による施工も本格化しているワコーレ ザ・神戸旧居留地レジデンスタワー新築工事。鯉川筋以西における …
海岸通1丁目ワコーレ

ワコーレ ザ・神戸旧居留地レジデンスタワー 遂に南面ファサードのお披露目が開始される!

2022年4月8日
こべるん ~変化していく神戸~
先週から建物外観完成に伴う足場と養生ネットの撤去が始まったワコーレ ザ・神戸旧居留地レジデンスタワーですが、遂に海岸通りに面した南面のお …

POSTED COMMENT

  1. sirokuma より:

    20年程前でしたら、住居としての評価はここまで高い評価は出ませんでした。居留地のライオンズタワーやベリスタも然りです。今後ウォーターフロントの開発が進めば益々この沿線の評価は上がるでしょう。
    新港町の一連の開発で京町交差点は人通りが確実に増えていますし、思いの外、総合庁舎浜側を通りメリケンから新港町へ徒歩移動してくる人が目立ちます。今後この人通りがますます増えると思いますが、道程が面白くないので散策する楽しさを倍増させるにはメリケンから新港町への架橋による徒歩横断が一番に思えます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です