海岸通1丁目ワコーレ

ワコーレ ザ・神戸旧居留地レジデンスタワー 地上階躯体工事は11階に到達



海岸通で着着と建設の進むワコーレ ザ・神戸旧居留地レジデンスタワー。和田興産が現在進めているプロジェクトの中では最高層の建物となる地上19階建てのタワー型レジデンスです。希少性から販売は好調のようです。

プロジェクト概要

ザ・神戸旧居留地レジデンスタワー



事業者 和田興産
所在地 神戸市中央区海岸通1-1-2
敷地面積 1,317.89平方メートル
建築面積 1,006.99平方メートル
延床面積 12,651.95平方メートル
高さ 59.8メートル
構造 鉄筋コンクリート造
階数 地上19階 地下1階
用途 共同住宅 128戸
設計 大土呂巧建築設計事務所
施工 東レ建設
竣工予定 2022年9月

2層吹き抜けのエントランス前のグランドロビー



1階 オーナーズラウンジ

8-9階の中央部分だけカーテンウォールが採用



2層吹き抜けのザ・ベイサロン



メディアラウンジ



住戸からは目の前に神戸港が広がる

建設状況の様子



躯体工事はとうとう10階を越えて11階に達しました。残り8フロアで上棟の運びとなります。1フロアの床面積の比較的大きな建物のの割にタワークレーン1機で対応しているからか、建設スピードは比較的に緩やかです。



しかしながら既に周囲の建物を凌駕し始めており、その存在感は日々、増しつつあります。特に海岸通りに面してスパンが大きいので迫力があります。



10階からはセットバックして、南面コーナー部にはカーテンウォールを採用したデザインになっていますが、養生ネットに覆われてしまっているので、そうしたデザイン細部がお見えするのはまだ先の話になりそうです。



ポートタワーから見下ろしたワコーレ ザ・神戸旧居留地レジデンスタワー。ほぼ遮る物がありませんので、住戸からもポートタワーがよく見える事になります。



都心の中では傑出した高さにはなりませんが、ワイドスパンを有するその大きさは目立つ存在です。地元供給量No.1のワコーレシリーズ。19-20階建ての大型分譲マンションも手掛けてきましたが、結局、本格的なタワーマンションは灘駅前のワコーレ神戸灘タワーの1物件に留まりました。今後はタワー物件を分譲する機会は少なくとも神戸市内では得られないのではないかと思います。市長が変わって方針転換をしない限りは。
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です