海岸通1丁目ワコーレ

ワコーレ ザ・神戸旧居留地レジデンスタワー 地上階躯体工事は8-9階に到達

海岸通で和田興産が東レ建設の施工で進めているタワー型分譲マンションプロジェクト。地上19階 128戸のレジデンスタワーからはポートタワーをはじめウォーターフロントの建造物群や神戸港を眼下に望みつつ、元町駅からも徒歩圏内と都心の利便性も享受できます。

 

プロジェクト概要

ザ・神戸旧居留地レジデンスタワー



事業者 和田興産
所在地 神戸市中央区海岸通1-1-2
敷地面積 1,317.89平方メートル
建築面積 1,006.99平方メートル
延床面積 12,651.95平方メートル
高さ 59.8メートル
構造 鉄筋コンクリート造
階数 地上19階 地下1階
用途 共同住宅 128戸
設計 大土呂巧建築設計事務所
施工 東レ建設
竣工予定 2022年9月

2層吹き抜けのエントランス前のグランドロビー



1階 オーナーズラウンジ

8-9階の中央部分だけカーテンウォールが採用



2層吹き抜けのザ・ベイサロン



メディアラウンジ



住戸からは目の前に神戸港が広がる

建設状況の様子



鉄筋コンクリート造の躯体構築が進められています。既に8-9階付近まで成長しています。隣接するマンションとも肉薄すること高さになってきました。



建物は1-3階、4-9階、10-19階と高さによってデザインに変化を持たせています。ただその様子を見る事ができるのは完成間近になってからです。



東隣の神戸メリケンビル(旧神戸郵船ビル)の高さを凌駕しました。上棟のタイミングはいつ頃でしょうか。



上棟すると、現在のタワークレーンのジブの先端程までの高さに達するでしょうか。物件公式サイトには最上階からの眺望写真を掲載していますが、素晴らしい景色が堪能できるようです。その眺望の素晴らしさに希少性が加算されて販売価格もかなりスーパーです。

関連記事
海岸通1丁目ワコーレ

ワコーレ ザ・神戸旧居留地レジデンスタワー 建物外観完全お目見え 重厚感溢れるランドマークの出現

2022年4月20日
こべるん ~変化していく神戸~
完成が徐々に近づく海岸通りに聳える新ランドマークであるワコーレザ・神戸旧居留地レジデンスタワー。建物を覆っていた足場が完全に撤去され …
海岸通1丁目ワコーレ

ワコーレ ザ・神戸旧居留地レジデンスタワー 竣工した重厚感と高いデザイン性に溢れた新ランドマーク

2022年8月5日
こべるん ~変化していく神戸~
海岸通りにある近代建築・神戸メリケンビル(旧神戸郵船ビル)の西側パーキングの敷地を和田興産が取得して開発を進めてきた(仮称)ワコーレ …
海岸通1丁目ワコーレ

ワコーレ ザ・神戸旧居留地レジデンスタワー 地上階躯体工事は13-14階付近を構築中 周囲を圧倒するタワー感が出てきた

2021年10月17日
こべるん ~変化していく神戸~
竣工まで1年を切った海岸通で東レ建設による施工されているワコーレ ザ・神戸旧居留地レジデンスタワー。順調に成長を続けています。 プ …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です