海岸通1丁目ワコーレ

ワコーレ ザ・神戸旧居留地レジデンスタワー 地上階躯体工事が始まる



神戸メリケンビルに隣接する敷地で東レ建設による施工で工事が進むワコーレ ザ・神戸旧居留地レジデンスタワー。長らく基礎躯体の構築が行われていましたが、遂に地上階の建築を開始しました。



鉄筋コンクリート造の1階の躯体を構築しています。



この物件は都心エリアでは最後のタワー型マンションになる可能性が高く希少性も手伝ってかなり強気の価格設定が行われているようです。立地もウォーターフロントを正面に据え、高層階からの眺望は抜群です。



現在、構築中の1階はクラシックなピロティのある近代建築調の基壇部の一部です。



今後の地上部の成長が楽しみです。竣工時期は22年9月とまだ1年8ヶ月先です。上棟は1年後位でしょうか。かなりスローペースです。

関連記事
海岸通1丁目ワコーレ

ワコーレ ザ・神戸旧居留地レジデンスタワー 竣工した重厚感と高いデザイン性に溢れた新ランドマーク

2022年8月5日
こべるん ~変化していく神戸~
海岸通りにある近代建築・神戸メリケンビル(旧神戸郵船ビル)の西側パーキングの敷地を和田興産が取得して開発を進めてきた(仮称)ワコーレ …
海岸通1丁目ワコーレ

ワコーレ ザ・神戸旧居留地レジデンスタワー新築工事 本格的な基礎工事開始に向けて準備が進む

2020年3月20日
こべるん ~変化していく神戸~
公式ウェブサイトも公開され、東レ建設による施工も本格化しているワコーレ ザ・神戸旧居留地レジデンスタワー新築工事。鯉川筋以西における …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です