名谷

リノベーション神戸・ (仮称)神戸市須磨区西落合1丁目新築工事 リビオシティ神戸名谷



リノベーション神戸の最終目的は人口減少に歯止めを掛け、拠点駅周辺への人口集積を進め、郊外エリアのコンパクトシティ化を促進する事です。その為、駅周辺のまとまった市有地を民間事業者に譲渡し、大規模なマンション建設を進めています。



名谷駅前では、日鉄興和不動産と関電不動産開発の2社が総戸数318戸の分譲・賃貸マンション(分譲268戸、賃貸50戸)「リビオシティ神戸名谷」を建設しています。



敷地面積5,000平方メートルという大きな土地で進行する杭工事は流石に規模が大きい為にダイナミックに行われています。



現場にはクローラークレーンが3台投入されており、全回転掘削機を使ったオールケーシング工法による場所打ちコンクリート杭の建て込み工事が進められています。



ケーシングチューブをセットした全回転掘削機です。このケーシングを回転させて地中に圧入し、クレーンで吊り上げたハンマーグラブを使って内部の土砂を取り除きます。



敷地奥には沢山の鉄筋カゴが確認できます。掘削した穴にこのカゴを建て込み、トレミー管を使ってコンクリートを打ち込んで杭を完成させます。



名谷駅周辺での新築分譲マンションの供給は9年ぶりですが、物件の注目度は非常に高いようです。三宮まで20分でアクセスが可能な為、大阪への通勤圏としても考慮でき、且つ駅前には商業施設が集積し、住環境も良いのでその人気ぶりには納得がゆきます。



マンションミュージアムも開業しました。



名谷駅周辺には既に大規模な分譲マンションが複数、立地しています。これらの販売も非常に好調でした。



エリア内には日本郵便の北須磨郵便局があります。日本郵便は、今後、自社保有の郵便局とその土地を活用して、更に不動産事業を活発化させる方針ですが、こうした郊外拠点局では、今後、住宅開発と局の建て替えをセットで進める可能性もあるでしょう。



このリビオシティ神戸名谷に後にも、須磨日パティオの南側の平面駐車場にも共同住宅の建設が計画されています。また名谷には団地も多く立地しているので、将来的には千里中央のように民間マンションへの建て替えによる再開発が目指されていくのではないでしょうか。

関連記事
名谷

リノベーション神戸・名谷駅ビルは「tete(テテ)名谷」へ 2024年度に全面開業予定 名谷に新風を吹き込む商業施設

2022年12月10日
こべるん ~変化していく神戸~
新北ビルの建設工事が進む名谷駅ビルのリニューアルプロジェクト。新ビル建設と既存駅ビルの改修及び駅ビル施設全体の運営を執り行うJR西日 …
名谷

リノベーション神戸・名谷駅前(西落合1丁目)民間住宅用地入札の譲受人決定 駅前の人口集積に拍車を掛ける

2022年9月10日
こべるん ~変化していく神戸~
名谷駅前・西落合1丁目の西臨時駐車場は神戸市の市有地ですが、この土地をリノベーション神戸の施策によって人口を集積させる一助にする為、住宅 …
名谷

OMこうべが「(仮称)北須磨支所ビル整備事業」 実施事業者の選定を発表!岡工務店企業グループが設計・施工を担当

2021年12月25日
こべるん ~変化していく神戸~
名谷センタービルに入居する須磨区の北須磨支所と名谷駅ビルに入る乳幼児検診スペースを統合する為、名谷センタービル横にある駐輪場に新たな …
名谷

リノベーション神戸・名谷 既存駅ビル「tete名谷」南ゾーンの改修工事がスタート 改札真上に吹き抜け空間を擁する商業ゾーン出現は来春

2023年8月16日
こべるん ~変化していく神戸~
7月上旬に完成したしたtete名谷の北ゾーン。早くもオープンから1ヶ月半が経過しましたが、既存駅ビルから北ゾーンへテナントが移転を完 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です