名谷

リノベーション神戸・名谷駅美装化・リニューアル工事 新北ビルが着工


先月、8月20日より本格的に建設工事の始まった名谷駅美装化・リニューアルプロジェクト。リノベーション神戸の拠点である名谷駅周辺の再整備の一環として、駅ビルの増床と既存ビルの大規模改修を進めています。

プロジェクト概要

名谷駅美装化・リニューアル工事



所在地 神戸市須磨区中落合2-4-3、7-3
建築主 神戸市交通事業管理者
規模 地上3階
用途 店舗
構造 鉄骨造
敷地面積 975.55平方メートル
延床面積 2,362.70平方メートル
高さ 15.4m
設計 交建設計
施工 大鉄工業
着工 2022年8月20日
完成 2023年5月下旬









建設状況の様子



既存駅ビルの北側で着工した北ビル。地上3階 延床面積2,362.70平方メートルの新ビルを建設し、駅ビルを増床します。既存駅ビルの床面積は8,668平方メートルですので、増床後の床面積ほ約11,000平方メートルを越えます。



施工は駅ビルのリニューアルと完成後の施設運営を行うJR西日本アーバン開発と同じJR西日本グループの建設会社である大鉄工業です。



設計を担当する交建設計は、鉄道施設や鉄道会社の保有する商業、業務、宿泊施設を主に手掛ける設計事務所です。JR、私鉄問わず幅広く設計実績があります。兵庫県内での商業施設の実績はピオレ明石、プリコ六甲道、JR三田駅NKビル等が代表例で、駅ビルや駅ナカ施設も多く手掛けています。



敷地内には三点式パイルドライバが登場しています。着工から約1ヵ月が経過していますが、まだ地中障害物の撤去もしくは地盤改良を行っているのでしょうか。



中央に鉄骨の鋼材が並べられています。これらのH形鋼は山留の矢板の親杭でしょうか。杭工事はこれからの様子かと思います。



市バスの詰所跡は資材ヤードとしての活用及びとプレハブの建設事務所が設置されました、



建設現場とヤードに挟まれた駅への暫定通路は、ゆずりは橋の真下です。



今回の名谷駅ビルのリニューアルで期待出来るのは単なる既存ビルの美装化だけでなく、増床の為に新築ビルを建設する他、既存ビルも構造の変更までを伴う大規模な改修である点です。

既存ビルは控えめに言っても魅力的な商業施設とは言えず、駅ナカ立地を全く有効に活用出来ていません。



主要なテナントは既に駅前の大型商業施設であるパティオや大丸内に出店済みである他、パティオは24年までにテナント入れ替えも視野に入れたリニューアルを行う予定中、JR西日本アーバン開発が駅ビルにどのようなテナントのリーシングを行うのか。駅周辺に魅力的な商業施設の存在有無は街の価値を大きく左右します。
関連記事
名谷

リノベーション神戸・ (仮称)神戸市須磨区西落合1丁目新築工事 リビオシティ神戸名谷 大規模な杭工事が進行中 MGも完成間近

2024年3月3日
こべるん ~変化していく神戸~
リノベーション神戸プロジェクトでは、選択された拠点駅周辺の人口集積を高める為、駅前に新たな集合住宅を建設し、利便性の高い良質な住宅供 …
名谷

リノベーション神戸・名谷 北須磨支所ビル 基礎工事が間も無く完了 鉄骨建方移行直前 駅前はイベント広場化が進む

2023年5月23日
こべるん ~変化していく神戸~
名谷駅前のリノベーション神戸プロジェクトにて主要計画の一つである北須磨支所ビルの建設工事。岡工務店の施工で1月より進められてきました …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です