神戸駅周辺

メトロこうべ地下通路美装化工事 一部の天井美装化が早くも完成 デュオこうべも最終未着手区間の美装化を進める

神戸高速鉄道株式会社と阪神電気鉄道株式会社は7月から神戸高速線新開地駅と高速神戸駅を連絡する地下通路「メトロこうべ中間通路」の美装化工事に着手すると発表し、今夏から工事が開始されました。施工はグループ内の阪急建設が担っています。

 

プロジェクト概要

メトロこうべ地下通路美装化工事



コンセプトは『「まち」と「まち」をつなぐ明るく賑わう地下通路』。加えて、通路の玄関口となる新開地駅東改札口と高速神戸駅西改札口の構外コンコースの美装化もあわせて行われる予定。



工期

2021年7月から2022年3月(予定)

工事概要

地下通路部:天井仕上げの新設、柱仕上げの更新、一部床仕上げの更新(中央広場)、照明設備の更新、地上出入口階段の手摺・段鼻整備

駅部: 天井・柱仕上げ等の更新(新開地駅東改札口、高速神戸駅西改札口)

工事箇所







高速神戸駅の駅員事務所も閉鎖されており、内装工事が進められているもしくは建設現場事務所として使用されているようです。



高速神戸駅西側の改札周りでは石膏ボードに囲われた一画が出現しています。資材ヤードでしょうか。



工事は東側から進められています。通路の半分を施工する形です。



驚きましたが、既に通路の一部の区間では南側半分の天井美装化が完了していました。



完成イメージより木製ルーバーの色は濃い印象です。美装化の完了している部分の天井では既に新しい照明も点灯しています。



一部では既に天井全面の美装化が終わっている部分もありました。



天井のルーバーは卓球場の既に設置済みの格子と色調を合わせたのかもしれません。



卓球場の先の通路中央付近にあたる広場は既存の柱の上に鉄骨のフレームを取り付ける作業が進んでいます。



この広場も大幅に生まれ変わる予定です。



広場周りは天井だけでなく、壁の美装化も進められています。



広場以東に区間はまだ工事未着手です。今後、順次、着工していくものと思われます。



美装化の終わった柱の様子です。



今後、電気工事も進むと今よりも明るく暖かみのある通路空間になるものと思われます。



高速神戸駅を経由してメトロこうべと接続する地下街デュオこうべ山の手でもサンポルタ広場から神戸駅地下までのまだ美装化未着手だった区間の天井改修が始まりました。



この区間の工事が完了すると、一連のデュオこうべリニューアルはひとまず完了を迎える事になります。今後は駅前広場の再整備に伴って地下街や地下通路と地上の連絡アクセスが大幅に改造される可能性が高いので、サンポルタ広場や駅前を中心とした更なる工事が今後、発生するでしょう。

関連記事
神戸駅周辺

神戸大学楠キャンパス福利厚生施設整備運営事業 JA三井リース建物がキャンパス内に大学・店舗の複合ビルを建設

2021年9月26日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸大学楠キャンパスは有馬街道に面し、神大付属病院を中心として医学部医学科・医学研究科の研究棟が複数立ち並びます。このキャンパス敷地 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です