こべるん ~変化していく神戸~
神戸阪急ビル

サンキタ通り道路改良工事 区間全域に工事が拡大 サンキタ通り周辺のヒストリーギャラリー



土木工事が本格化しているサンキタ通りの道路改良工事。基本的に歩行者専用道路となりますが、一部の荷捌運搬車両の通行は限定的に許可される為、その車道を示す為の新たな縁石敷設が進められています。



アーケード側の縁石はオーソドックスな直方体のブロックを埋めています。基本的に路面は段差無しのバリアフリー空間となります。



工事施工区間が通り全体に波及してきました。



阪急川側はアスファルトを剥いで幅広のブロックを埋めています。



まだまだ具体的にどのように劇的に生まれ変わるのかは判断がつかない状況にあります。



縁石の内側にポールを立てる為の台座が設けられていました。照明設備用でしょうか。



整備後のイメージでは背の高いポール型の照明設備が等間隔に設けられている様子が描かれています。



サンキタ通りから駅前広場が一体化した歩行者広場として回遊性の高い商業・公共空間が広がる予定です。神戸阪急ビルと共に新たな集客エリアに大きく変貌を遂げる事が期待できます。



開発が開始される以前の様子です。さんきたアモーレ広場を整備した事は駅前北側に人々が集えるスペースが無かった当時では非常に優れた施策だったと思います。これを更に進化させる形が今回の再整備です。



仮囲いに掲示されているギャラリーをご紹介します。かつての初代神戸阪急ビル東館。周囲に高い建物が無かった時代はこの建築がまさにランドマークだった事をよく表しています。



今はレトロと思える外観も当時はモダン且つ斬新で神戸の都会感のアクセントを



駅ビルを出入りする阪急電車。再びこの光景を見る事ができる日は来るでしょうか。実現には技術的且つスケジュール的に困難な工事が必要です。現神戸阪急ビルの低層部増築が検討されるメリットが出てくれば可能性は高まるでしょう。そのメリットとは何でしょうか。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です