ハーバーランド

アニヴェルセル神戸の解体撤去工事が本格化 跡地は眺望を活かしたホテル開発が望ましい



コロナの感染拡大で5年近く続いていた新規ホテルの建設・供給ラッシュが抑制されて、民間プロジェクトが下火になっていましたが、ここ最近は新たな開発の卵になり得る既存建物の解体が都心の複数箇所で進行しています。

ハーバーランドの結婚式場・アニヴェルセル神戸の解体撤去工事もそんな卵の一つです。



1月より開始された解体工事は本格化しており、かなり早いペースで進行しています。



解体工事の工期は9月末までを予定しています。まだ半年以上ありますが、既に既存建物の地上部の大部分が消滅しつつあります。次の開発に備えて、基礎部分も含めた地中障害物撤去も一気に行われるものと思われます。



フランス館とイタリア館の2つのバンケットの入る建屋が重機で撤去されつつあります。



敷地面積4,393.4平方メートルという大きな土地を今後どう活用するのか。

ウォーターフロントにホテルは多く点在しますが、ハーバーランドにある唯一のホテルはホテルクラウンパレスのみです。またこのホテルの客室からは殆ど海を望む事は出来ず、ハーバーランドに立地する醍醐味が感じられません。

この土地にホテルが建設されると、中高層階からは神戸港が綺麗に見渡せる事は神戸情報文化ビルの高層階レストランからの眺望が証明しています。

karmeni04.jpg

因みにこちらがその眺望です。写真中央下部に営業中だった頃のアニヴェルセル神戸があります。目の前が低層のモザイクの為、遮る物はありません。この立地、眺望を活かさない手はありません。



本来であればザ・パークハウス神戸ハーバーランドタワーの立地する場所がホテル立地には最適でしたが、この三角地の土地活用には是非とも商業・ホテルの複合開発を期待したい次第です。

関連記事
ハーバーランド

神戸ハーバーランドumieのウィンターイルミネーション「Angel Snow エンジェル・スノー 〜黄金の羽根が舞う夜〜」

2022年12月20日
こべるん ~変化していく神戸~
街中のイルミネーションが美しく、様々なイベントが行われていますが、神戸ハーバーランドumieのウィンターイルミネーションはその中でも …

POSTED COMMENT

  1. 神戸 より:

    ここに高層の建物が建つと観覧車と近すぎ北側の大半の部分から観覧車が見えなくなります。神戸市の景観が悪くならないですか?

    • しん@こべるん より:

      観覧車の高さは50m程で北西には100m超えるビルが複数立っているので、そもそも北側からはこの観覧車はこれらの高層ビルの高層階以外からは見えていません。

  2. nada より:

    >神戸市の景観が悪くならないですか?
    タワーマンションのせいでハーバーランドの景観は既に最悪なので、今更悪くはなりません。
    アニヴェルセル神戸もそのせいで潰れたのでしょう。

    • しん@こべるん より:

      アニヴェルセルの撤退はタワーマンションとは無関係かと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です