こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

07« 2018 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

兵庫県庁1・2号館は2025年までに建て替えで高層化!元町駅北側一帯も再整備 

kenchoseibi06.jpg

井戸兵庫県知事は老朽化し耐震性に問題のある兵庫県庁1・2号館を2025年までに建て替える方針を定例会見で示すと共に兵庫県も再整備方針を公開しました。

https://web.pref.hyogo.lg.jp/governor/documents/g_kaiken180731_03.pdf
県庁周辺地域の再整備

両館を1棟に集約して高層化。事業費は約600億円を見込みます。

また県庁施設再編のみに留まらず、JR元町駅から県庁周辺や諏訪山の山裾までを含む元町駅北側一帯を「元町山手地区」として面的に再整備する方針に意欲を示し、駅舎と一体化した商業施設や知事が以前より指針を示していた高級ホテルの誘致を含めて県庁の行政城下町を賑わい拠点へと開発します。

kencho10.jpg

県庁建て替えにはまず兵庫県公館の西側にある県保有の駐車場に新兵庫県民会館を建設して移設。そして現県民会館の跡地に高層化した新県庁舎を建設する連載型開発方式を採用します。この建て替えを6-7年で完了させるという事です。まずはこれが知事が描く再整備の第一段階と言えるでしょう。

kencho07.jpg

高層庁舎完成後には現1・2号館は解体されると思われますが、約1ヘクタールに及ぶ跡地をどう活用するべきでしょうか。外資系高級ホテルの誘致はデフォルトとして、他にも県民、市民の利用できる集客施設の整備が期待されます。定期借地を前提として民間事業者へプロポーザルの公募を行うのが最良かと思います。先日、ポーアイの神戸青少年科学館に子供を連れて行ったのですが、かなり子供も楽しんでいました。ただ館内展示の技術が昭和で止まってしまっているのが残念でした。しかし人気は抜群です。県庁跡には最新テクノロジーを駆使した科学技術館、イベント広場等の交流施設、飲食店や兵庫県の物産を集めた商業施設を低層に配し、高層部を業務とホテル及び展望施設を含んだ複合施設が望ましいと思っています。

元町駅北側の再開発も気になるところですね。玄関口に相応しい整備を目指すとの事で、駅ビル開発や駅前広場整備等も考えられているのでしょうか。この辺りの舵取りで県と市の行政上の管轄がどうなるのか。協働が必要にはなりそうです。井戸知事が県庁再編や再整備方針の表明してからまだ1年程しか経っていませんが、今月には有識者会議を設立し、11月には基本整備構想を発表する予定で、早ければ県民会館を含めた県庁の建て替えプロジェクトは2020年度には着工するとの事です。なんというスピードでしょうか。まるで神戸市への当てつけのようです。井戸知事が再開発とはこうやってやるものだと市に発奮を促している気がします。市庁舎2号館よりも新県庁舎の方が早く完成します。バスターミナルI期ビルと同時期です。

kenchoseibi08.jpg

市庁舎2号館と言えば、これまで散々と有識者会議を繰り返して基本構想を策定しましたが、その内容は総花的で結局はどんなコンセプトにすれば良いのか分からず、同庁舎の再整備基本計画策定支援等業務を担う事業者を公募型プロポーザルで決定する事になりました。ようは民間事業者に良いアイディアを出して貰ってそれを採用するという事ですが、そうであれば無駄な懇話会に2年も費やさずに初めからプロポーザルをしておけば、少なくとも既存庁舎の解体はすでに始められているのではないかと思います。新港突堤基部西地区の再開発もかなり遅れているようです。すでに当初の今夏から来夏まで着工時期が遅延していますが、更に遅れる可能性も高いようです。JRターミナルビルも然り、全て市との調整が要因で前進していません。本当に何をしているのでしょう。県庁周辺整備の開発を高さ規制で邪魔して足を引っ張るような真似だけはしないで欲しいと思います。

何はともあれ、県庁と元町駅北側周辺の一帯的再開発というビッグプロジェクトが始動します。これに触発されて周辺の再開発も誘発されるかもしれません。三宮の絶対的優位性に黄色信号が灯る事を期待しています。

category: 兵庫県庁再整備

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/08/02 Thu. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 33

go page top

兵庫県政150年記念事業の数々 

来年、神戸港同様に150年を迎える兵庫県政。これを記念して井戸知事は数々の記念事業着手やイベント開催の計画・構想を検討している事を明らかにしています。一部には疑問符のつく構想が無くもないですが、神戸市の進める都心やウォーターフロントの再開発と合わせた相乗効果や共同事業によって整備の規模拡大やスピードアップによる活性化を見込めるきるという点においてはおおいに期待ができるのではないかと思います。

検討されている構想の数々を確認していきましょう。

1. 兵庫県庁周辺の再整備・庁舎再編

kenchoseibi05.jpg

中山手通周辺に集中する県庁及び県関連施設はどの建物も老朽化が激しく更新時期に来ています。井戸県知事は兵庫県公館と県警本部の間の駐車場を外資ホテルの誘致・整備候補地として挙げました。

それ以外にも三棟から構成される兵庫県庁の中でも最も古い1号館と2号館の建て替え・集約も1つの選択肢として考えられているようです。


その中でも最も優先的にまず着手されると言われているのが、兵庫県立神戸総合庁舎です。

kenchoseibi02.jpg

この建物内に入居する兵庫県税事務所や県民センターは新長田で建設中の県・市合同庁舎に移転予定です。

kenchoseibi04.jpg

またこの建物の北側に隣接した生田文化会館は市庁舎3号館跡に新設される総合庁舎へ葺合センター等と共に統合される予定で、更に北側に隣接する県社会福祉研修所も含めて一体的な建て替え整備案が検討されています。これらを合わせると敷地面積は5,000平方メートルに及びます。活用の用途については未定です。

kencho10.jpg

また県庁の南東に位置する県民会館もかなり老朽化が進んでいます。東側の駐車場と合わせると、この敷地もまとまった大きさになります。

井戸知事はこれらの活用法を民間からのプロポーザルによって募る方向を示しています。

2. 初代兵庫県庁の復元

ionmall205.jpg

県政150年の目玉として兵庫県は1868年に設置された初代の県庁の復元を本格的に検討しています。予定地はイオンモール神戸南の南側の市有地で、現在、同モールの臨時駐車場として使われている土地です。今年の7月までに具体案をまとめる予定ですが、建物自体は歴史資料館としての用途が濃厚です。

3. 神戸牛・神戸スイーツの発信施設整備

kobeportfuture02.jpg

インバウンド効果を向上を狙って、神戸のソフトパワーの発信力を高める為に神戸牛や神戸スイーツをPRする施設が検討されています。海外におけるJapanese Beefの浸透で神戸牛以外のブランド牛や偽物、ブランド牛でない和牛と定義がややこしく、本家神戸牛をアピールすると共に神戸観光の目玉としても期待ができる点は良い計画かと思います。

施設の開設ロケーションはウォーターフロント地区を想定しており、中突堤中央ビルの再開発が有力ですが、区分所有の建物の為、建て替えには時間を要します。それまでは暫定施設での開業を検討するようです。

施設の内容ですが、神戸牛の資料館や市内の神戸牛レストランの紹介がメインのようです。我々、神戸市民でさえもしっかりとした神戸牛の定義を理解している人がどれ位いるのか分かりません。日本人観光客にも魅力的な施設になるのではないでしょうか。またステーキ店等の出店も検討されているようです。

県は今年度中に予定地を決めたいとしています。

神戸市の進める都心部・ウォーターフロント地区再開発に呼応する形でこれらの事業が進められる事で、より密な県と市の協働が増えることを期待したいと思います。

category: 兵庫県庁再整備

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/02/09 Fri. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 4

go page top

兵庫県庁周辺の再整備 

kencho06.jpg

兵庫県庁は下山手通の高台の敷地に1〜3号館の3棟で構成されています。それそれの竣工時期は異なり、兵庫県の発展と共に順次、建て増しされてきました。最も古い1号館は1966年竣工と築50年選手。最も新しい3号館は1990年竣工です。

今月の兵庫県知事選で再選を果たした井戸敏三知事はこの老朽化する兵庫県庁の再編や敷地を利用した再開発を検討する事を示唆しました。特に県庁の南側にある現在、兵庫県公館西隣りの駐車場として使われている土地を活用してインターナショナルブランドの高級ホテル誘致を検討するようです。

最近、地方自治体が県有地を活用して外資系ホテルの誘致に成功した例として奈良市の県民プール跡地に米国のJWマリオットが進出する事が決定しています。

kencho07.jpg

兵庫県庁については老朽化している1号館を超高層庁舎に建て替えて1棟に集約化し、残りの号館は解体。跡地の有効活用を図ることができます。県庁舎跡地にホテルを誘致するという手も考えられるのではないでしょうか。

kencho10.jpg

また県庁の南東に位置する県民会館もかなり老朽化が進んでいます。前述の駐車場は好感の隣で落ち着きがあるので、ホテル向きですが、兵庫県警本部が接近している為、眺望に課題が生じます。県民会館の敷地に超高層ビルを建設し、中上層階をホテルとするという選択肢もあります。

まだ関西未進出のペニンシュラやマンダリンオリエンタル、シャングリラ等の誘致を狙いたいところです。

神戸空港の国際化が実現性を持てば、外資系ホテルの誘致もより可能性が高まります。県庁周辺の土地再編や建物集約によって下山手通一体の不動産価値が高まり、活性化する事でしょう。周辺に土地を多く所有する安田不動産とも連携して、一体的な再開発が進む事を期待したいですね。

category: 兵庫県庁再整備

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/07/29 Sat. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 6

go page top