アパホテル神戸三宮駅前

アパホテル神戸三宮駅前 計画にストップ!?着工延期?

apahotel10.jpg

下山手通2丁目の生田神社の南側で計画中のビジネスホテル「アパホテル神戸三宮駅」。敷地面積550.23平方メートルの土地は以前は低層店舗と駐車場でしたが、アパホテルが取得して一体的に開発し、地上13階建て 延床面積2,680.48平方メートル 176室のホテルを建設する予定でした。仮囲いが設置され、埋没遺跡の発掘調査後には着工すると見られていましたが、仮囲いが撤去されてしまいました。

apahotel11.jpg

砂利で整地されて駐車場の看板が立ちました。一体何があったのでしょうか。着工目前の寸止め劇です。着工延期か計画の白紙撤回か。駐車場は砂利の地面にロープを張って駐車場スペースの線を示す簡易的な造りであり、すぐに着工する事が可能です。ただ裏を返せば、簡単に売却する事も可能なので、今後の動きに注視しなければなりません。

アパのような資金力も豊富で迅速に物事を進める会社が突然、計画を変更するのには相当の理由があるはずです。

apahotel01.jpg

アパの公式リリースでもこの開発用地取得は発表されているだけに、今回の突然の駐車場転換の背後には何があるのでしょうか。背後と言えば、この用地の背後で解体されているホテルモントレ神戸は順調に工事が進んでいるようです。

apahotel12.jpg

この二つの敷地は東西に接していますので、可能であれば二つの土地を集約してより大きな開発を目指して欲しいというのが理想です。もしやそういう形での計画変更なのであれば万々歳ですが、どうでしょうか。もっと言えば、更に南隣のホテル・ザ・ビーも合わせて敷地を集約した三社共同の大型ホテル化なんて事にならないかな〜と勝手に妄想したりしていますが、実際のところ、プロジェクト頓挫という結末だけは見たくないですね。今後の動きを見守りたいと思います。

※追記ですが、やはり駐車場は暫定利用とし、数ヶ月後には着工の予定との事です。



関連記事
アパホテル神戸三宮駅前

アパホテル神戸三宮駅前新築工事 躯体工事が進行中 ビジネスホテル建設ラッシュは2020年で一旦収束?

2019年7月23日
こべるん ~変化していく神戸~
鉄骨建方が完了し、デッキプレートの取り付けやコンクリート打設等が進められている模様のアパホテル神戸三宮駅前新築工事。生田神社入口前からも …

POSTED COMMENT

  1. hk より:

    確か神戸にはアパはまだ1つしかなかったと思うので工事の早期再開を願うばかりです。。
    グレードアップして再開すればいいですね

  2. しん@こべるん より:

    数ヶ月後の着工とのことです。安心しましたね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です