須磨

須磨海づり公園を来年よりリニューアル工事に着手する方向へ 24年度の営業再開を目指す



2018年8月に西日本を中心に猛威を振るった台風20号によって大きな被害を受けて以来、閉鎖が続く須磨海つり公園。利用されないまま4年が経過して、廃墟化が進んでいましたが、神戸市は営業の再開向けて、利活用を行う為にサウンディング型市場調査を実施していました。



調査の結果として、参加した事業者全てが再び釣り施設として活用を検討したいとしており、釣り施設に併設して、陸上部分の売店棟や海浜広場を活用した食堂やカフェの設
置、あるいはBBQ施設、海上アスレチックの併設を検討している事業者もあり、釣り施設のみならず、複合マリンレジャー施設としての復活を目指す方向が示されていました。

またすべての事業者が陸から最も近い第4釣台と陸上施設を活用したいという意向でした。神戸市はこれらを踏まえて、24年度の再開を目指す方針を固めました。

リニューアルは以下の方針で進められる予定です。

  • 被害の大きかった第1・2釣り台を撤去
  • 第3・4釣台を陸上施設をリニューアル
  • 民間事業者による運営を開始
  • 来年3月に着工
アングラーにとっては、大物が狙いやすい最も沖合の第1・2釣り台の撤去は残念な結果とではありますが、複合機能化によってより多くの人々が利用する施設になる事は歓迎すべき点かと思います。また駐車場の整備や、近隣で再整備中の須磨海浜公園との連携模索も検討すべき課題かと思います。



導入を検討して欲しい施設の一つとして、海上釣堀があります。なかなか素人では天然で釣る事のできない大物を手軽に釣って楽しむ事ができるので、人気が出る事は間違いありません。須磨海つり公園の水域が水深や潮の流れ等、海上釣堀に適しているのかは分かりませんが、可能であれば検討して欲しいです。

いずれにせよ来年度中に指定管理事業者が決定する予定ですので、今後の事業提案の内容を発表を楽しみに待ちたいと思います。
関連記事
ウォーターフロント

地上躯体消滅完了間近の中突堤中央ビル南館 同ビル跡地の再開発は北館次第 敢えて開発をしない手も考え得る?

2023年8月11日
こべるん ~変化していく神戸~
今春より解体撤去工事に着手した中突堤中央ビルの南館。来年3月末までの工期は残り約半分となりましたが、既に建物地上部は仮囲いの外からは …
神戸の見所

リニューアルオープンした神戸海洋博物館 プロジェクションマッピングによる映像演出で幻想的なホール 将来的な活用法も模索が必要

2020年9月13日
こべるん ~変化していく神戸~
昨秋から行われていた改修工事が完了し、リニューアルオープンを果たしたメリケンパーク内のランドマークである神戸海洋博物館。神戸港ウォー …
ウォーターフロント

京橋線ライトアップ照明設備工事 新港町再開発エリアのゲートウェイの夜間景観がグレードアップ予定

2021年5月22日
こべるん ~変化していく神戸~
京町筋の2号線より南側は今後、再開発が進行する新時代のウォーターフロントとなる新港町エリアのゲートウェィとして重要な役割を担うアクセ …
ウォーターフロント

「神戸ウォーターフロントビジョン」が公開される 向こう約10年の変化をビジュアル化 ゾーン分けでコンセプトを策定

2022年12月3日
こべるん ~変化していく神戸~
10月に神戸港中期計画について市民の意見募集が行われていましたが、その中でウォーターフロントエリアの将来像イメージ図が公開されていま …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です