ウォーターフロント

新港突堤間護岸築造他工事 3突-4突間の埋め立て工事が始まる

今年度の予算に計上されていた新港第3突堤と第4突堤間の海を埋め立て、新たに観光バスや貨物車の待機場等を整備する護岸築造工事がいよいよ開始されました。



施工期間は約2年間で2021年9月末に完了を迎える予定です。施工者は一般競争入札でて五洋・兵庫奥栄特定建設工事共同企業体が20.7億円で落札していました。



この埋め立て工事によって約1.6万平方メートルの陸地が誕生します。



埋め立てられるのは浮きが浮かんでいる部分までと思われます。



施工者のボートが確認できました。何らかの調査を実施していました。



新港エリアの開発は今後の神戸観光を盛り上げるハード面の要的な存在です。クルーズ船乗客の為に確保される待機場と共に三宮に建設される新バスターミナルに乗り入れる高速バスもここを待機場所にも活用されるのではないかと推測しています。
関連記事
ウォーターフロント

新港第三突堤フェリーターミナル建替計画

2013年6月8日
こべるん ~変化していく神戸~
来週一週間、海外出張に出る準備で更新が滞りました。第一突堤を皮切りに今後、ウォーターフロント開発の次世代の要的存在を担う新港突堤エリア。第一突堤はすでに更地化しており、近日中にラ・ …
ウォーターフロント

神戸ウォーターフロント開発機構が神戸ポートタワーの運営事業者を公募 2024年春の営業再開を目指す

2022年10月15日
こべるん ~変化していく神戸~
現在、耐震改修工事の最中で閉館している神戸港のシンボル・神戸ポートタワー。改修工事は耐震化だけでなく、展望施設や低層部のリニューアル …
ウォーターフロント

神戸ウォーターフロントアートプロジェクトに映画「アバター:ウェイ・オブ・ウォーター」が登場

2022年11月25日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸ウォーターフロントアートプロジェクトはリニューアル工事中の神戸ポートタワーを覆う仮囲いのカバーをスクリーンとして、プロジェクションマッピ …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です