市庁舎建て替え計画

市庁舎建て替え計画 (仮称)新中央区総合庁舎他建設工事 遂にタワークレーン1号機が完成 新イメージパースも一部公開



地上躯体の建設工事が本格化し、とうとうタワークレーンの設置が始まった新中央区総合庁舎。市庁舎シティの再編がいよいよ視覚的に大きく変化を遂げ始めています。

プロジェクト概要

(仮称)新中央区総合庁舎建設工事



所在地 神戸市中央区江戸町97-1ほか
事業者 神戸市行財政局
敷地面積 3,597.22㎡
建築面積 1,880.71㎡
延床面積 19,341.98㎡
階数 地上13階 地下1階
用途 事務所、集会場、駐車場
建物⾼さ 52.78m
構造 鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
設計者 日本設計/神戸市建築住宅局
施工者 大林組・神鋼興産建設JV
竣工予定 2022年6月30日

旧居留地の街並みに調和するデザイン
建物低層部は、歩道と一体となった歩廊状のオープンスペースや1階ロビーの様子が見渡せるガラス張りの大開口、石貼り風の外壁仕上げなどにより、旧居留地の街並みに調和する開放的で上質なデザイン。

水平性を強調した落ち着きのあるデザイン
中高層部は、外部吹抜と重層したデッキにより、日射負荷の軽減と内部からの眺望を両立させた、水平性を強調した落ち着きのあるデザインとし、向かい側の市役所1号館との色彩的な調和にも配慮。

自然の潤いや温かみを感じられるデザイン
デッキの軒裏には木材を使用し、低層部の軒先や屋上では緑化を行うなど、都心のオフィス街で自然の潤いや温かみを感じられるデザイン。





建設状況の様子



タワークレーン1号機が完成。南北に広い敷地にクレーン1機ではまだ余裕を残していますが、2号機が北側に登場すると窮屈になるかもしれません。



大林組のタワークレーンの象徴となるパッションオレンジのマストが支えるタワークレーンです。



足下ではタワークレーンの登場でお役目御免となった乗入構台の解体撤去が進みます。北側にはコンテナの事務所やテントが設置されました。



まずは敷地の南側から鉄骨建方を進めていくのでしょうか。



鉄骨建方が本格的に始まると、重厚な建物が立ち上がっていく事になります。

 

新たなイメージパースも公開



市の新中央区総合庁舎紹介ページには新たなイメージパースも公開されていました。2層吹き抜けのピロティを擁する1階のエントランス空間とロビーホール。シンプルですが、スタイリッシュで開放感もあり、旧居留地の立地を強く意識したデザインです。ホール内のフロアは木材のフローリングを採用。



4階の屋上テラス。天井のルーバーやウッドデッキ等、随所に木材を多く使った緑豊かな空間に仕立てられます。新長田合同庁舎を彷彿とさせるのは偶然ではなく、この2庁舎の設計は双方とも日本設計が担当しています。



イメージパースによってこの場所に立ち上がってくる新庁舎をより具体的に想像しやすくなりました。今後の鉄骨建方による建物の成長が非常に楽しみです。

関連記事
市庁舎建て替え計画

神戸市役所本庁舎2号館跡 (仮称)連絡ロビー・エネルギー施設建設他工事の入札結果 施工事業者が決定 2024年1月末に完成予定

2021年9月7日
こべるん ~変化していく神戸~
解体中の神戸市役所本庁舎2号館の敷地南側で解体工事の完了直後から着工予定の連絡ロビー・エネルギー施設。この建設他工事の入札結果が判明 …
市庁舎建て替え計画

神戸市役所本庁舎2号館の地上躯体解体工事 既存建物の地上部分がほぼ消滅 年明けよりいよいよ再開発始動

2021年11月2日
こべるん ~変化していく神戸~
明和工務店が施工している神戸市役所本庁舎2号館の解体撤去工事。昨年12月から準備に着手し、10ヵ月を掛けて既存建物の地上部分の解体が …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です