大阪

地域探訪: 大阪 淀屋橋にツインゲートタワーが2024〜25年に完成



大阪市中央区の老舗オフィス街である淀屋橋・本町地区では御堂筋を中軸とした再開発が活発化しています。これまではどちらかと言えば老朽化したオフィスビルをタワーマンションへと建て替える開発が中心でしたが、次第にホテル開発も加わり、ここ最近はオフィスビル開発へと移行しています。その中でも最大級の再開発が動き出す事が判明しました。

淀屋橋地区の玄関にあたる御堂筋を挟んだ両サイドの中層オフィスビルを地上28階(西側150m、東側135m)のツインゲートタワーに建て替える計画が大阪市の都市計画案として発表されたのです。



東側は既存建物を所有する日本土地建物、京阪電気鉄道、西側は大和ハウス工業、住友商事、住友生命、関電不動産開発、ミズノ、白洋舎等11社。



東側のビルは延床面積約73,600平方メートル、西側が約130,000平方メートルで双方ともオフィス主体で低層部には店舗を入れる計画です。事業者は分かれていますが、2棟のビルのデザインは調和させてツインゲートタワーの役割を担わせます。西側のタワーの事業費が668億円。総事業費は1,000億円を超える事でしょう。

万博開催を睨み、2024〜2025年の完成時期を見込みます。容積率は東西共に1,600%へと引き上げられます。



大阪市役所の目の前で進められるゲートタワープロジェクト。1本西側の四ツ橋では中之島にフェスティバルシティのツインタワーが聳えています。これに匹敵する高さはありませんが、船場エリアでは最大級のオフィスビル開発が始動します。



大阪都心部のオフィスビル空室率は空前の低水準で推移していますが、需要に対する供給が抑えられていた為、需給は逼迫しています。淀屋橋地区では昨年より新規供給が開始されており、三菱UFJ銀行大阪ビルの竣工を皮切りに、来年早々にオービック御堂筋ビルが完成予定。



そして現在、解体中の日本生命淀屋橋ビルは地上25階に建て替えられると高層オフィスビルのプロジェクトが急増しています。そこに来て、今回のゲートタワー計画が加わり、老舗オフィス街で新規オフィスビルの供給がヒートアップします。

関連記事
大阪

地域探訪:大阪・梅田1丁目1番地ビル計画(仮称)のII期工事 巨大オフィスタワーの躯体が成長!圧巻のタワークレーン4機で施工中

2021年1月19日
こべるん ~変化していく神戸~
大阪神ビルと隣接する新阪急ビルを共同で建て替える大規模再開発プロジェクト「梅田1丁目1番地ビル計画(仮称)」はI期工事が完了して、新 …
大阪

地域探訪: 大阪・梅田3丁目計画(仮称) 日本郵便・JR西日本・JTBによる40階建・延床面積229,000㎡の巨大超高層複合ビル計画

2021年2月1日
こべるん ~変化していく神戸~
JR大阪駅前の一等地に存在していた大阪中央郵便局。郵政民営化によって日本郵便が再開発の為に同局を移転させ、既存建物を解体しました。しかし …
大阪

地域探訪: 大阪・JR大阪駅西口・うめきた地下口開業・供用開始 Part2 最新技術のオンパレードによる未来のターミナル駅像

2023年4月2日
こべるん ~変化していく神戸~
JR大阪駅では北側のうめきた2期地区・グラングリーン大阪の玄関口の役割を果たす西エリアへの拡大を進めています。前月、JR大阪駅西口及 …

POSTED COMMENT

  1. たんたん より:

    大阪は当然ですが、やはり2025年大阪万博を目途に関西の都市は再整備を進めるでんしょうね。
    神戸市はなぜこんなに悠長で都市再整備が議論されないんでしょう?もう市民も議員も公務員もやる気がないんでしょうか?
    進化をやめた時、人も街も終焉を迎えるんでしょうね。

  2. 匿名 より:

    高さ規制を緩和した結果、こうも再開発の動きが加速する。某都市の人たちに見習ってほしいですね。。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です