大阪

地域探訪: 大阪・日本生命淀屋橋ビル新築計画 今秋の開業を目指して竣工間近



大阪市中央区淀屋橋エリアのランドタワーとして今秋に開業が予定されている「日本生命淀屋橋ビル」。地上地上25階 地下1階 高さ125mのオフィスタワープロジェクトです。



既に建物本体は完成し、内装の仕上げが行われている状況です。周囲は日本生命村と呼ばれる程、同社の本社機能を司る建物が集積しており、重厚な建物群との統一感を図る為、低層部を巨大な柱が支えるピロティを採用。



その上に中央をアルミカーテンウォール、両サイドを石調カーテンウォールとした高層部が乗る形でファサードが形成されています。



南側の歩道は拡幅され、電線の地中化と、インターロッキング舗装ブロックで美装化。街路樹と街灯も刷新して、美しい通りに変貌を遂げます。



やはり再開発の醍醐味は建物の刷新のみならず、外構が美しくなる事で、街並みがグレードアップする事ですね。



シンプルな造形ですが、インパクトとデザインに優れたオフィスタワーです。歴史と重厚な街並みを誇る淀屋橋に相応しい建物になりそうです。



公開空地の大きさも格別です。緑地のように美しく整備されています。小道にはアーチのオブジェが設置されています。



逆さにした鳥の足?それとも手?もしくは木?不思議なアートです。



高層化した事で生まれた空間は緑の溢れる広場として整備され、都心にゆとりが生じます。狭小ビルを所狭しに詰め込むべきエリアと、ゆったりとした空間を楽しむエリアとの共存が日本の都市の活力と魅力を紡ぐものと思います。



三宮にもこのクラスのオフィスビルを1棟建てて欲しいところです。



日本生命三宮駅前ビルを超高層ビルに建て替えるようなプロジェクトは始動しないでしょうか。同ビルと南側のアイングパーキングを一体的に複合ビル化する計画をエイチ・ツー・オーと日本生命が共同で進めて欲しいですね。



淀屋橋を挟んで南北で御堂筋が大きく変貌を遂げようとしています。梅田一辺倒だったオフィス開発は淀屋橋〜本町には波及しており、ホテルとマンション開発ばかりだった老舗オフィス街が急激に巻き返しを図りつつあります。

関連記事
大阪

地域探訪: 大阪・梅田3丁目計画(仮称) 日本郵便・JR西日本・JTBによる40階建・延床面積229,000㎡の巨大超高層複合ビル計画

2021年2月1日
こべるん ~変化していく神戸~
JR大阪駅前の一等地に存在していた大阪中央郵便局。郵政民営化によって日本郵便が再開発の為に同局を移転させ、既存建物を解体しました。しかし …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です