神戸駅周辺

(仮称) 大晶ビル新築工事 建物外観デザインが判明

JR神戸駅前の大晶ビルが建て替え工事に着手しています。既存ビルの地中障害物撤去から新築建物の基礎工事に移る予定です。計画されている建物は地上9階 延床面積2,419平方メートルの鉄骨造テナントビルで、隣接する平和ビルに高さを揃える事になります。



デザイン協議で判明した同ビルのイメージパースです。角地に建設される建物ですが、非常にオーソドックスな外観のビルになるようです。外壁の質感によってそのイメージは大きく変わる事になるかと思いますが、このパースからは読み取る事ができません。

 

(仮称)大晶ビル新築工事

所在地 神戸市中央区相生町2-3-4
事業者 大晶興業株式会社
敷地面積 約322m2
建築面積 約282m2
延床面積 約2,419m2
高さ 30.3m
構造 鉄骨造
規模 地上9階
用途 店舗(物販・飲食・クリニック・学習塾)
設計 建築設計工房OKAMOTO
施工 村上工務店



この北側駅前広場に面して新築ビルが建設されるのは数年前に閉校したコロンビア学院の校舎ビル建築以来、15年以上ぶりかと思います。

goto08.jpg

これまでイメージパースがあまり良い印象ではなかった建物で実際に完成した姿は予想図より遥かに良かった例として加納町ビルが挙げられます。開口部が少ないと外壁面が大きくなり、古臭い外観になりがちですが、外壁材の質感や色、頂部のデザインでスタイル性のある建物に仕上がりました。同様の展開を期待したいと思います。

関連記事
神戸駅周辺

遂に新開地駅・高速神戸駅間連絡地下通路のリニューアルに着手 昭和の香りが残る通路は来春大変身

2021年7月22日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸高速鉄道株式会社と阪神電気鉄道株式会社は7月から神戸高速線新開地駅と高速神戸駅を連絡する地下通路「メトロこうべ中間通路」の美装化工事 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です