西神中央

(仮称)神戸市西区美賀多台1丁目計画新築工事 クレヴィアシティ西神中央 建物外観完成 外構工事が進む

怒涛の勢いで変化を遂げつつある西神中央地区で現在建設されている最大級の分譲マンションプロジェクト「クレヴィアシティ西神中央」が隣接するなでしこ芸術文化センターと共に完成目前の状態にまで迫っています。既にまさに完成予想パースに描かれていた光景が現実に目の前に広がっています。

 

プロジェクト概要

(仮称)神戸市西区美賀多台1丁目計画新築工事(クレヴィアシティ西神中央)



所在地 神戸市西区美賀台1-1-3
事業者 伊藤忠都市開発 旭化成不動産レジデンス 山陽電気鉄道 和田興産
敷地面積 7,844.78㎡
建築面積 3,382.89㎡
延床面積 25,083.36㎡
階数 地上11階
用途 共同住宅(304戸)
構造 鉄筋コンクリート
設計者 都市建 一級建築士事務所
施工者 長谷工コーポレーション
竣工予定 2022年10月末

クレヴィアシティ西神中央物件サイト









駅方向となる東面の全体像です。グリッドと表現された各住戸に凹凸のあるバルコニーを設け、大きな出幅によってアウトドアリビングを演出する造りなっています。建物外観にも大きな特徴を与えています。



東面が面する歩道の改良工事も進められています。歩道はこれまで以上に幅員が拡大される模様です。



歩道の既存の車道側を暫定利用しつつ、建物側の整備を先行しています。



建物敷地に沿って植栽帯を設け、かなり明るい基調のインターロッキング舗装ブロックを採用しています。



完成すると、ガラリとイメージが変わりそうです。電線の地中化も同時に進めて欲しいところです。



マンションのメインエントランス付近の様子です。エントランス横にはライブラリーラウンジが整備されます。またなでしこ芸術文化センターと共有する交流広場は賑わいゾーンとしても活用されます。



コの字型に配置された住戸棟は合計3棟から構成されています。コの縦棒の棟が最も床面積の大きな建物です。



西面の様子です。階段状になっている棟の角住戸にはルーフバルコニーが備わります。



西側の歩道もアスファルトから舗装ブロックへの改良が進められており、街区の外周全ての道路が美装化される事になります。



敷地南側に機械式駐車場が設置されました。



これまではベールに包まれていたコの字の内側の様子も分かるようになりました。内側の外廊下は普通のマンションといった感じです。



このクレヴィアシティを皮切りにまだこれから数棟の新築マンションが供給される予定です。利便性と魅力を高めている西神中央駅周辺。市内の周辺地域からの移住のみならず、市外からの人口流入にも効果をもたらす事を期待したいと思います。

関連記事
西神中央

西神中央 文化・芸術ホール等整備事業/(仮称)神戸市西区美賀多台1丁目計画新築工事(クレヴィアシティ西神中央) 地上躯体の構築工事が更に進行

2021年10月29日
こべるん ~変化していく神戸~
躯体工事も佳境に入ってきた西神中央の芸術・文化ホールの建設工事。鹿島建設が施工を手掛けています。敷地内では更に長谷工コーポレーション …
西神中央

西神中央 文化・芸術ホール等整備事業/(仮称)神戸市西区美賀多台1丁目計画新築工事(クレヴィアシティ西神中央) 地上躯体の構築がダイナミックに開始されている

2021年5月25日
こべるん ~変化していく神戸~
西神中央駅南側の市有地約1.3ヘクタール似を開発し、文化公共施設と分譲マンションを建設する大型プロジェクトが始動しています。鹿島リー …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です