三宮再整備

(仮称)磯上公園内体育館建設工事 基礎構築が開始される



雲井通5丁目の再開発を進める為、街区内にある勤労会館の体育館機能を移転させる目的で磯上公園内に整備される予定の(仮称)磯上公園内体育館。湊建設工業の施工で建築工事に着手しました。敷地周囲にには仮囲いが設置されて本格的な工事が行われています。

プロジェクト概要

(仮称)磯上公園内体育館建設工事



事業者 神戸市
所在地 神戸市中央区八幡通2-1
敷地面積
建築面積 1,660.90㎡
延床面積 3,087.22㎡
規模 地上2階
構造 鉄筋コンクリート・一部鉄骨造
設計 石本建築事務所
施工 湊建設工業
完成予定 2022年6月30日

1階:エントランスホール、休憩スペース、多目的室、トレーニング室、男女更衣室・シャワー室、授乳室、パウダールーム、倉庫等

2階:アリーナ

建設状況の様子



来年6月の竣工を目指して建設が進みます。この6月の完成タイミングは同じく雲井通の再開発によって移転する中央区役所の新庁舎が完成するタイミングに合わせられています。従って雲井通の既存建物解体開始は来秋頃に開始されるものと推測します。



工事予定です。鉄筋工事とは基礎の配筋を示し、仮設工事は配筋の進んだ部分に作業用足場の設置を進める工事となります。



既に杭工事は完了し、基礎構築の工事が開始されていました!年内には躯体部分は完成してしまうのではないかと思われます。



この体育館の建設工事と共に面する北側の市道もリニューアルを行います。まず下水道管の改修を行うと共に、電線地中化も進められるものと思われます。



これまでは公園の木々が鬱蒼と茂り、裏通り感の強い場所でしたが、通りを挟んですぐ北側にはイーライリリーの本社が完成し、表通りへの昇格を行う条件が整いつつありました。雲井通再開発は磯上エリアにも大きなプラスの影響を与える模様で、街の格上げとそれに相応しい風格が必要になります。

関連記事
三宮再整備

2025年問題は起こり得るか? 大阪都心で大型オフィスビル相次ぐ完成 三宮バスターミナルビルへの影響は?

2019年7月17日
こべるん ~変化していく神戸~
新中央区総合庁舎の完成時期遅れに伴って、同様に完成時期が当初の構想から1年遅れの2026年になる模様と思われる雲井通5丁目のバスターミナ …

POSTED COMMENT

  1. こまったちゃん より:

    磯上公園の整備、単体としては理解できるのですが、隣のKR&ACも老朽化した体育舘ですので、併せてなんとかできないものかと思います。

    http://www.krac.org/

    あまり知られてないのかもしれませんが、KR&ACは神戸の外国人活動の歴史を引き継いでいますので、何らかの形で再生というか、街の資産にしたいものです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です