東横イン新築工事

(仮称)三宮神戸市役所前ビル新築工事 東横INN神戸三ノ宮市役所前 鉄骨建方開始への準備整う


ザ・パークハウス神戸三宮に隣接した南側の敷地で建設中の東横INN神戸三ノ宮市役所前。前田建設工業の施工で基礎工事が進められてきました。後方に見えるクレーン等はザ・パークハウス神戸三宮の建設地で稼働している重機です。

名称 (仮称)三宮神戸市役所前ビル新築工事 東横INN神戸三ノ宮市役所前
所在地 神戸市中央区八幡通4丁目302番地
規模 地上14階
敷地面積 357.40㎡
建築面積 232.50㎡
延床面積 2,662.57㎡
高さ 47.70m
構造 鉄骨造
用途 ホテル
設計 東横インアーキテクト
施工 前田建設工業
事業主 三共生興
完成予定 2019年6月8日



東横インの建設地では道路に面した南側の仮囲いが簡易フェンスに置き換わっています。これはいよいよ地上躯体の骨格となる鉄骨建方を開始する為、鉄骨を搬入しやすいように仮囲いを一時的に撤去したのではないかと思われます。


お陰で万歳すれば内部の様子を確認する事が出来るようになりました。ご覧の通りすでち1階の床のコンクリート打設が終わっています。


鉄骨の支柱を連結する柱脚です。突き出ているアンカーボルトに柱を繋ぎ止めます。


これで次回の更新は鉄骨建方の模様をお伝えする事ができるかと思います。何度も触れていますが、個人的に鉄骨建方という工程が1番面白いです。作業の進捗が速く変化もテンポが良いので見ていて面白いというのもありますが、力強い重量鉄骨の柱や梁の重なり合う様子に何とも魅了されます。作業が始まったら、皆さんも機会があれば、鳶の方の職人技を見学してみて下さい。来年はこのホテルを含む5軒が新たに開業予定です。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です