新港突堤西地区再開発

三宮新港町計画 ベイシティタワーズ神戸WEST & EAST WESTの低層部・外構整備開始 EASTは地下躯体構築中



竣工まで残り約4ヶ月に迫った新港町のツインタワーマンションの西棟であるベイシティタワーズ神戸WEST。低層部以外の外観は完成しており、低層部や外構、内装工事が進行しています。東棟のEASTは基礎工事が終わり、地中躯体の構築が進められています。

プロジェクト概要

ベイシティタワーズ神戸WEST/EAST













所在地 神戸市中央区新港町71番
事業者 住友不動産・関電不動産開発
敷地面積 WEST 5,300.07㎡ EAST 5,300.01㎡
建築面積 WEST 1681.98㎡ EAST 1,605.95㎡
延床面積 WEST36959.46㎡ EAST 36,593.83㎡
階数 地上27階 地下1階 塔屋1階
用途 共同住宅 一部店舗 WEST 349戸 EAST 353戸
建物⾼さ 102m
構造 鉄筋コンクリート造 一部 鉄骨造
設計者 前田建設工業
施工者 前田建設工業
竣工予定 2023年1月/2024年9月







https://www.sumitomo-rd-mansion.jp/kansai/bct_kobe/
物件公式サイト



WESTの1-2階は大きな庇に覆われます。この庇の構築が進んでおり、既に全周に庇の取り付けが完了した模様です。



この工事開始に伴って臨港道路に面した仮囲いの位置変更がありました。



歩行者デッキと工事区域を隔てるのは仮囲いから簡易フェンスに置き換わりました。



庇の外縁部には黒に塗装された鉄骨のフレームが取り付けられています。庇の内側はグレーチングのような細かい網目になっています。



1-2階はテナント区画やマンションのエントランスホール、フィットネスジムが開設予定です。



店舗には食品スーパーやベーカリー、カフェ等の出店が見込まれます。住民の日常的に利便性が確保されると共に、来街者が立ち寄る事で賑わいも生まれます。

集客施設や業務施設は完成したものの、まだ街という感じはしない新港町西地区ですが、このタワーの完成によって街化が前進します。



タワーの足元にあるエレベーターと階段ですが、暫定階段が撤去されました。エレベーターを除いて仮囲いの内部に取り込まれ、いよいよ緑地広場の整備が開始されます。



歩行者デッキとタワーの2階を接続する連絡橋も構築されています。



南東側の低層部の様子です。



北面は壁が多く、搬出入口といった印象です。



こちらにメインエントランスや車寄せが整備されます。



EASTの建設状況です。掘り下げられた四角い穴を切梁の鉄骨が支えています。内部では鉄筋の配筋とコンクリート打設が進みます。



地下1階の床が出来上がりつつあります。



敷地の端で柱の鉄筋を組んだ上、内部に持ち込んで接合します。



地下階の躯体が完成すると、いよいよタワークレーンの設置が行われるものと思われます。ただまだEASTの物件情報や販売については未知な事が多く、分譲マンションになるのかもまだ未定の可能性もあります。予定では、2023年7月下旬販売開始となっていますが、賃貸住宅やサービスアパートメントなど、多様な住宅様式の供給に向けての検討のなかで変更する場合があるとしています。西側はWEST程の開けた眺望は期待出来ませんが、GLIONアワーズビルと駐車場棟を挟み、斜めに構えて建てられているので、神戸港を望む眺望は期待できる事でしょう。

関連記事
新港突堤西地区再開発

三宮新港町計画 ベイシティタワーズ神戸WEST 遂に上棟・躯体工事は最上層27階に到達! 今後屋上フィンの構築で更に存在感を増す

2022年2月24日
こべるん ~変化していく神戸~
いよいよ躯体工事が大詰めを迎えている新港町のツインタワーマンションの西棟である「ベイシティタワーズ神戸WEST」。最上階である27階 …
新港突堤西地区再開発

三宮新港町計画 フェリシモ・クリエイティブ・ランドのファサードが完成形に近づきつつある 低層棟の鉄骨も立ち上がる

2020年9月5日
こべるん ~変化していく神戸~
本体のオフィス棟のファサードが刻々と完成形に近づいている通販大手フェリシモの新本社ビルとなるフェリシモ・クリエイティブ・ランド。南北 …

POSTED COMMENT

  1. HAT-k より:

    いつもありがとうございます。
    アトア前など全体の電柱地中化はいつ開始されるのでしょうね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です