三宮再整備

三宮北交差点改良工事 ロータリー内の撤去工事が進む サンキタトリオはグッドデザイン賞を受賞



本格的な工事が開始されたJR三ノ宮駅北側の三宮北交差点改良工事。交差点改良工事と謳われていますが、実質は駅前広場の再整備といった方が正しい内容です。



ロータリー中央部の木々や植栽は伐採されて完全に撤去されて更地になりました。整地された後、タクシープールになる他、ロータリーの一部に組み込まれます。



ロータリーが再編される事で一般車もこれまでより乗り入れやすくなるものと思います。



この駅前広場の地下には阪急が地下鉄に乗り入れる大改造工事が進められる構想がありました。この大構想が進められていれば、今頃は今回の改良工事とは比べ物にならない規模の地下工事が行われていた筈です。



この北側の駅前については神戸市はなぜか殆ど再整備・再開発に関して言及した事はありません。



老化化した雑居ビルが並ぶ姿は再開発が望ましいとされる三宮南西街区とそう大きく変わりません。道路の再編や更なる駅前広場の 整備を含め、風格のある駅前空間を目指して協議や検討を始める頃かと思います。



フラワーロードに面する歩道についてはまだ特に工事の動きはありません。



しかし向かいのサンキタ広場、サンキタ通り、そして神戸三宮阪急ビルは3セットでグッドデザイン賞を受賞したそうです。今後も三宮の再整備が様々な賞の受賞や話題作りをする事で注目を集め、来街者を増やしていく事が大切です。

関連記事
神戸阪急ビル

サンキタ通り道路改良工事 縁石敷設が進む アーケードの美装化も進行中 整備後の姿は日比谷仲通へ近付けられるか

2020年8月20日
こべるん ~変化していく神戸~
リニューアル中の神戸阪急ビルに並行するサンキタ通りも再開発と合わせて歩行者専用道路への転換を図る為の再整備工事が開始されています。  …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です