神戸空港

エアバス・ヘリコプターズの格納庫増築により拡大整備 今後の日本市場拡大を見据えた投資

神戸空港に格納庫を持つエアバス・ヘリコプターズ・ジャパンは東京・六本木ヒルズに本社を置き、エアバス・ヘリコプターズ社製ヘリコプターおよび関連機器の販売や整備、修理および改造ならびにそれに関わる設計、生産技術、操縦士・整備士の訓練等を行っています。国内事業所は他に神戸空港に神戸空港事業所を構えています。



2012年にそれまで伊丹空港にあった整備事業所を神戸空港に移し、現在は14,381.15平方メートルの敷地に延床面積8,165.13平方メートルの格納庫を保有。ヘリ25機を収容できる規模を持ちます。



日本市場の更なる拡大を視野にエアバス・ヘリコプターズは格納庫の増築を計画。6月に着工し、11月に竣工を予定。拡張により規模は19,685平方メートルとなり、整備施設は60%増加。格納能力は最大40機に拡大します。また格納庫のみでなく、オフィス、倉庫も配備されます。

他に航空機の格納庫機能を空港内に保有しているのはスカイマークエアラインズ。同社は神戸空港を羽田に並ぶ拠点空港に位置付け、本社機能の一部も移す程の肩の入れようです。同格納庫はB737-800型機を1機格納できるキャパシティがあります。

今後、同空港の発着便数が拡大すると、格納庫の増築も考えられるでしょう。同社は神戸発着便を増やす事に非常に積極的です。国際便が就航すると更に格納庫の重要性は増すことでしょう。

今後の規制緩和の進捗によってエアバス・ヘリコプターズ社やスカイマーク社以外にも今後は他社が格納庫を設置する動きも出てくるかもしれません。

関連記事

POSTED COMMENT

  1. yoshi より:

    「神戸空港で最大の航空事業テナントはエアバスヘリコプターズ」と格納庫増築完了の記事にありました。スカイマークじゃなくて意外。
    (もっと大きい航空事業以外のテナントが有るのかも気になりますが)
    https://www.aviationwire.jp/archives/193863

    規制で飛行機の運行本数が少ない神戸空港はエアバスヘリコプターズさんにとっては居心地がいいのですかね?
    なんにしましても神戸で大きく事業をしてくれありがたいです。
    スカイマークと違って利用して応援出来ることが無いのが申し訳ないですが…

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です