こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

07« 2018 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

新港突堤西地区再開発事業 未公開パースを掲示! 

pierwest58.jpg

神戸市が土地の買収とコーディネーターを務め、事業プロポーザルによって優先交渉権者が住友不動産を中心とする企業グループに決定し、土地の譲渡が行われた新港突堤基部西地区。円柱型360度水槽のアクアリウムやクラシックカー博物館等の集客観光施設を中心にオフィス、住宅、商業施設が整う再開発事業の着工に向けて準備が進められていますが、南北のA地区、B地区共に既存建物は全て解体済・更地化された上で仮囲いが設置されています。いつでも着工できる準備は整いました。当初は今秋の着工を目指していましたが、スケジュールに遅れが生じているようです。

pierwest68.jpg

つい先日、単なる更地だった南側のB地区も地質ボーリング調査が開始され、仮囲いに敷地が囲まれました。開発区域全体において具体的な着工時期を示しているのはB地区に建設予定のフェリシモの新本社屋のみです。フェリシモは2019年6月の着工を予定しています。

pierwest65.jpg

全体の着工スケジュールの遅れによって盛り上がり気運の低下抑制を狙う為か、仮囲いに再開発エリアの完成予想パースが複数、掲示されました。中にはこれまで未公開のパースも含まれており、かなりテンションが上がりました!それでは一つ一つ紹介していきます。

pierwest61.jpg

B地区のアクアリウムとフェリシモ本社ビル越しにツインタワーが並ぶパース。シンボリックな開発になる為、単独で何かのプロジェクトとして開発されるよりもデザインで優れた建物が多く集まります。外装材にガラスを主体とした建物が多くなるので、時代感を感じさせずに長く先進性を保てる意匠の集合体になりそうです。

pierwest62.jpg

こちらのパースは以前より公開されていますが、ツインタワーの低層部が吹き抜け二層の一枚ガラスになっているのがとても新鮮です。

pierwest59.jpg

このパースは初公開です。臨港線を描いており、右手にBMWのショールームや博物館が低層部に入るGLIONの本社ビル、左手にフェリシモ本社ビルが描かれています。これまでの倉庫街にこんな先進エリアが誕生すると、まだ未開発の既存地区とのギャップが激しそうですね。

pierwest64.jpg

B地区南側の岸壁も美しいプロムナードに整備されます。高潮等を意識して、開発エリアは盛り土による嵩上げが施されるようです。

pierwest60.jpg

開発エリアを対岸もしくは海上から眺めた様子です。B地区の東側にある住友倉庫が描かれていませんので、将来的な景観を示しています。ただ住友倉庫を緑地にはしないと思います。私は住友不動産が高層ホテルを計画するのではと予測しています。

pierwest63.jpg

そして夜景パースも公開されています。水族館をはじめ、ツインタワーの頂部、GLION本社頂部等のライトアップが行われるようです。メリケンパークやモザイクから眺めても存在感は大きいでしょうね。NTTビル群の暗さが際立ちます。何とかライトアップの再開を願いたいものです。それにしてもツインタワーの高さが102mに抑えられているのが惜しいです。150mのツインタワーであれば三宮の高層ビル群とも釣り合って良く映えたでしょう。

pierwest66.jpg

パースで舞い上がってしまいましたが、着工時期の遅延は問題視されなけばなりません。現状は来夏の着工という事で約1年の遅延が見込まれています。しかし更なる遅れも懸念されているようです。着工できる建物から早期に工事を開始して貰いたいですね。

category: 新港突堤西地区再開発

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/08/08 Wed. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top

新港突堤基部西地区再開発 

pierwest56.jpg

今秋着工予定だった新港突堤基部西地区再開発地区はスケジュールの遅れが生じているようですが、単なる更地だった南側のB地区にも仮囲いが設置されました!この街区には円筒形の水族館とウェディング博物館が一体となった複合施設及び通販大手のフェリシモの新本社ビル及び商業施設が開業予定です。

pierwest52.jpg

岸壁沿いにできた白亜の真新しい壁は壮観です。

pierwest50.jpg

敷地内ではこちらも地質ボーリング調査が行われていました。

pierwest51.jpg

記念碑もそのまま仮囲いの中に収まりました。開発後もこのままこの場所に設置され続けるのでしょうか。

pierwest54.jpg

第一突堤から眺める基部の再開発地区です。来年の今頃には重機がズラリと並び、一部にはタワークレーンが立ち上がっているでしょうか。また右側の住友倉庫の建物も解体が始まっているかもしれません。

pierwest57.jpg

北側のA地区でもまだボーリング調査が継続しているようです。三宮の再開発が足踏みしている内にどんどんウォーターフロントの再開発は進んでいきそうです。地権者がある程度まとまっており、一部国有地がありましたが、企業が殆どですので、土地の買収を進めやすいという条件の良さもあります。

もう止めるものは何も無いはずですので一早い着工を望みます。そう言えば都市計画決定ってしたのでしたっけ?

しかしながら都市再生緊急整備地域に指定されている同地区の再開発事業にもかかわらず、このプロジェクトでも最高層のツインタワーはしおさい公園を眺望点とする高さ規制条例に従うように高さ102mに抑えこまれています。条例は適用外の筈ですが、何故従わざるを得ないのでしょうか。

pierwest55.jpg

この夏も練習帆船海王丸が第一突堤に停泊中です。夏空の神戸港に非常によく映えますね。

category: 新港突堤西地区再開発

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/07/19 Thu. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 8

go page top

新港突堤基部西地区再開発 

pierwest42.jpg

昨年度末までに全ての既存建物が解体撤去され、完全な更地になった上で事業者に譲渡された新港突堤基部西地区。今秋から一部の建物は着工するものと見られていましたが、スケジュールに遅延が出てきているようです。仮囲いが設置されて一体化された北側のA地区は更地のまま3ヶ月が経過しました。

pierwest39.jpg

しかしここに来て現場で動きを確認する事が出来ました!

pierwest38.jpg

地質ボーリング調査が開始されました。手前は住友不動産と関電不動産開発が計画するツインタワーマンションの建設予定地です。奥にも櫓が見えます。ジーライオンの新本社ビルの予定地です。

pierwest40.jpg

地質調査が開始された事でいよいよ実際に工事を始める準備が開始されている事を実感できます。

pierwest41.jpg

敷地の奥の東側でも地質調査が進んでいます。駐車場棟辺りでしょうか。A地区の着工タイミングは半年後位の年明けを予想しています。

pierwest43.jpg

当初より来年の着工が予定されているB地区はまだ何も動きがありません。この新港突堤の再開発が進むと神戸のウォーターフロントの景観は劇的に変化し、ハーバーランドから突堤地区へと広がりが生まれます。ウォーターフロントの景観では横浜に近年、大きく水を開けられてしまいました。規模ではとても敵いませんが、三宮と合わせた連続的で総合的なまとまり感では横浜とはまた異なる都会的な景で勝負できるのではないかと思います。新港突堤の再開発第二弾にも期待しています。三宮は色々と構想は出てきていますが、具体的に目に見えて開発が進んでいるのは唯一、神戸阪急ビルのみでその他のプロジェクトはまだ少なくとも向こう2年は現状のままです(JRの既存ビル解体は少なくともこの間に開始されるかとは思いますが)。なかなか変化の見えない三宮を尻目にウォーターフロントは先行して変化を遂げ始めます。その秒読みが開始されました。

category: 新港突堤西地区再開発

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/06/05 Tue. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 14

go page top

新港突堤基部西地区再開発 

pierwest35.jpg

住友不動産、SMBC信託銀行、株式会社フェリシモ、株式会社モトーレン阪神、関電不動産を構成員企業とした企業グループが優先交渉権を獲得した新港突堤基部西地区再開発事業。再開発用地の約3.4ヘクタールは昨年度末までの譲渡を予定していました。

pierwest31.jpg

北側の敷地であるA地区には既存建物が複数ありましたが、全解体撤去が完了し、仮囲いが設置されました。

pierwest32.jpg

2ヘクタール以上に及ぶ広大な更地が誕生しました。ここに地上27階建てのツインタワーやジーライオンの本社ビル等が並び立つ予定ですが、まだその姿を思い浮かべるのは難しいですね。

pierwest34.jpg

今秋から一部の施設が建設工事に着手される予定になっています。一番乗りを果たすのはどの施設でしょうか。仮囲いのすでにできたA地区はもういつでも着工できます。大概、こうした大規模開発の場合、建てやすい施設から建設が始まるパターンが多いです。この街区ではSMBC信託銀行が計画している駐車場棟が先に着工するのかもしれません。旭通4丁目も鈴蘭台も共に駐車場棟が先に竣工しています。

pierwest36.jpg

建物の完成時期を唯一、公開しているのはフェリシモです。南側のB地区に新しい本社ビルと商業棟を建設します。2020年9月の開業を予定しており、2019年に着工します。隣接して計画されている水族館は2021年度の開業予定です。従って用地は未だ更地が広がったままで準備に着手する気配も今のところはありません。

となると、やはり年内着工はA地区の可能性が高いと言えます。ツインタワーか、ジーライオンか、駐車場棟のどれでしょうか。商業地域において、どの建物も延床面積が1万平方メートルを越えていますので、着工前には建築計画のお知らせと完成予想パースの掲示があるものと思われます。秋の着工と仮定すると、半年前の掲示が必要になるので、そろそろのタイミングです。ここしばらくは現場を注視したいと思います。

category: 新港突堤西地区再開発

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/04/04 Wed. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 3

go page top