こべるん ~変化していく神戸~
JR三ノ宮駅改修構想

JR三ノ宮駅 三宮ターミナルビル撤去工事 全面に防音パネル取付 新駅ビル高層部ホテルはどうなる?



解体工事の進む三宮ターミナルビルは東面を除く3面で足場の上の防音パネルの取り付け作業が大詰めを迎えています。こんなに長い工期の仮設工事を見る事は滅多にありません。



南面もようやくホテル階だった上層部にまでパネルの取り付けが進んでいます。



残されているのは東面の一部と三宮ターミナルホテルの文字のある塔屋のみとなりました。建物全体が覆われた後に徐々に1フロアずつ完全な解体が進行していくでしょう。

現在、建物内部解体は急速に進められていると思われます。内装の解体撤去を行います。これらの解体ガラはリサイクルが出来るものは分別されるようです。ホテル階は恐らく各室間の壁や天井パネルは構造には影響しない為、全て取り払われて大きな1フロアとなっていっている筈です。

また今後、解体用の重機を上階に投入する為、補強用の柱を各フロアに設置します。このビルが解体中に崩落でもしたら大惨事です。ちなみに重機の投入はタワークレーンで吊り上げます。

これらの内部作業と外側の仮設工事を同時進行で進めている状態が現状かと思われます。

解体現場は何も変化が無いと勘違いしがちですが、そんな事は決してありません。この瞬間を待ち侘びていたプロジェクトですので、全ての過程をつぶさに追っていきたいと思います。



さて、ここでクイズです。このマンホールは何でしょうか。また何処にあるかお分かりになりますでしょうか。



正解はミント神戸前にある駅前広場の植栽内にあるマンホールでした!何故こんな質問をしたのか?



何故ならその答えはこのマンホールの下にJR西日本が2015年に掘削した温泉の取水口があるのです。



全国広しと言えど、主要ターミナル駅に温泉が湧いている場所は他にはない筈。温泉を売りにした上質なホテルが立地性抜群の駅ビル上層階にあれば話題性や人気性に疑う余地は無いでしょう。新快速を使えば、大阪や京都、姫路、阪神を使って奈良と関西の主要観光地へのアクセスは素晴らしく、関空からもリムジンバスに乗ってしまえば1時間です。インバウンド需要にも最適なホテルとなり得ます。神戸空港が国際化した場合でもポートライナーからのアクセスも文句無しです。ホテルニュー淡路が取得した神戸ベイシェラトンも温泉掘削によるリニューアルで完全復活を果たしました。JR西日本はグランヴィアの開業を示唆していましたが、場合によっては外資や国内の高級ホテル誘致も選択肢としては有りではないでしょうか。シングルユースの多いビジネス系のホテルではなく、旅行者がゆったりも寛げる規模の大きなホテルとしての開業を期待したいと思います。



おまけですが、そごうの屋号の変更に備えて塔屋のSOGOのロゴが撤去されています。既にその文字は見えません。上から阪急やHankyuのロゴを取り付けるのがどうか。まだ様子を見守りたいと思います。



前から不思議だったですが、どうしてこんなに巨大な塔屋なのでしょうか。塔屋以外の用途も備わっているのでしょうか。そろそろ転換に関する情報も出して欲しいところです。梅田では梅田1丁目1番地計画のII期エリアを着工していますし、千里阪急の建て替えにもいよいよ着手するようです。



中央幹線の車線規制社会実験開始は荒天の為、延期されていますが、本日より無事スタート出来ているでしょうか。

関連記事

POSTED COMMENT

  1. Sannomiya Worker より:

    残念ながらターミナルビルの天然温泉はJRタワーホテル日航札幌に有ります。JR札幌駅南口の地下1,000mより湧出した天然温泉を使用しています。私も在札時代にしょっちゅう外回りの合間に利用しておりました。(笑)
    全面ガラス張りになっており、地上22階から眺める雪景色の手稲山は絶景です。
    三ノ宮でも最上階屋上に露天風呂を設置し、神戸の夜景を眺められるマリーナベイサンズのような名所にしてほしいですね。
    大阪駅の大屋根、京都駅の大階段に匹敵する売り物は三ノ宮駅の大露天風呂でしょう。

  2. バスター君 より:

    地下の惣菜を販売しているお店の調理設備が入ってるんですよ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です