こべるん ~変化していく神戸~
トアロード

トアロード・BAL ANNEX I新築工事と狭小ビル新築工事

bal12.jpg

解体されたCOACHが入居していたトアロード沿いのBAL ANNEXですが、前回の記事で近日中に動きがありそうな旨をお伝えしていました。その記事の通り、いよいよ建設工事が開始されました。

bal14.jpg

工事名称はその名も「BAL ANNEX I 新築工事」。なんと解体から新築工事の一連の流れはBALがANNEX棟の建て替えを実施するというものでした。施工は前回お伝えした通り、高砂市に拠点を構える建設会社ソネック。そして設計はステュディオエイトアーキテクトが担当していることが新たに判明しました。同社は建設地の近隣に拠点を置く地元の設計事務所です。三宮中央通りにある大型オフィスビル「三宮セントラルビル」も同社の作品です。

bal13.jpg

労災保険関係成立票から工事期間は11月18日までのようです。鉄骨造の商業ビルが建設される予定ですが、規模は分かりません。これから山留壁の構築と掘削工事が開始されます。それなりの敷地面積がありますので、以前のような2階建ての建物ではなく容積率をしっかりと消化して、本館と同様の高さにして欲しいと思います。

bal15.jpg

やはりデザインは本館と統一させつつも変化球を加えてくるのか、それとも全く異なる外観を与えられるのか。そして進出するテナントはどうなるのか。なかなか楽しみなプロジェクトになりそうです。

bal16.jpg

BALのすぐ北側の狭小地で建設されている新しい商業ビルですが、こちらは一足先に鉄骨建方が開始されており、すでに上棟していました。コンクリート打設後、鉄骨支柱を支える台座部分の配置がおかしいなと思っていたのですが、なんとこの狭小地に2棟の建物を同時に建設しています!恐らくデザインは統一性を持たせるのではないかと思われますが、構造は別々の建物になっています。すぐ隣では土地の集約化による再開発が行われようとしている反面、こちらでは更に細分化が進みました。

bal17.jpg

三宮3丁目ホテル計画の建設予定地。まだ既存ビルの基礎部解体が進行中です。こちらの新築工事着工は8月を予定しています。鉄骨建方を拝めるのは来年になりそうですね。

bal18.jpg

向かいのメディテラス跡はまだ動きがありません。パルコがどのような計画を練っているのか楽しみではあります。

という事で、トアロードは中央幹線から三宮中央通り間という短い距離の間に一気に4つの商業ビル建て替えプロジェクトが計画されているという何とも熱い状況です。



関連記事

POSTED COMMENT

  1. 黒霧 より:

    おはようございます メディテラスの行方が気になりますね

  2. 水泳男子 より:

    もらっているコメントに対して、コメント返しはしないのですか?

  3. カン より:

    本来、コメントに返すことの方が珍しいですよ
    こべるんさんからの直接のお返事がいただけるなんてラッキーな状況が続いていた方が奇跡的です。

    これからもお身体を無理しない範囲で、息の長いブログの更新を心から期待しています。
    返信は気にされなくても結構なので、できればコメント欄へ書き込む私たちの楽しみをどこかで残していただくことを検討していただけると幸いです。

カン へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です