こべるん ~変化していく神戸~
ロイヤルパークホテル

神戸三宮ホテル計画 ザ ロイヤルパークキャンバス神戸三宮 タワークレーン登場! いよいよ今週より鉄骨建方開始!



生田新道に大林組のロゴを付けたタワークレーンが聳えています。目下、建設中の神戸阪急ビルのタワークレーンと思うかもしれませんが、新たなタワークレーンが登場しました!



神戸サウナ隣の大林組施工の神戸三宮ホテル計画の現場です。基礎工事の完了していた三菱地所のホテルブランドであるザ ロイヤルキャンバス神戸三宮の地上躯体構築にタワークレーンが投入されました。



地上12階建ての鉄骨造のホテル建設に当初からタワークレーンが登場する例も珍しいケースかと思います。さすが大手企業、大手ゼネコンの建設現場ですね。



いよいよ今週から待ちに待った鉄骨建方が開始されます。



1階の躯体は少なくとも柱はSRC造になるものと思われます。耐震性が高められるようです。南北に幅のある建物ですので、鉄骨建方も見応えを感じられる工事になるものと期待しています。



市役所展望ロビーからも神戸サウナの建物の隣にこのタワークレーンが確認できます。鉄骨の躯体が立ち上がってくると、目立つ存在になりそうです。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です