こべるん ~変化していく神戸~
告知

本年も大変お世話になりました



今年もご愛読ありがとうございました。今年の神戸はいよいよ大型プロジェクトが目に見える形で具現化してきました。また複数の中小の開発計画も動き出しました。特に都心の遊休地や低度利用地でプロジェクトが決まり始めた事もこれまでとは異なる点です。しかし一方で神戸市の人口流出はワースト1を記録。神戸の魅力向上はもう待った無しの危機的状況に瀕している事も忘れてはなりません。

大阪は2025年の万博と夢洲に誘致するIR、そして旺盛なインバウンド需要に支えられて復権を遂げようとしています。京都も世界一の人気観光地の称号を得て、インバウンド需要を背景とした強い商業に加えて、京大という優秀な人材力を背景にハイテク・メディカル産業の飛躍によって都市ブランド力は東京に迫ります。



神戸は来年以降これら両都市にどこまでその差を詰める事が出来るのか。この年末に読売新聞が出遅れる神戸について記事を掲載しました。

https://www.yomiuri.co.jp/national/20191229-OYT1T50091/

大阪・京都より大きく出遅れた神戸…進む高齢化、進まぬ開発

神戸には様々な飛躍の要素やポテンシャルが複数存在しますが、これらをフルに活用出来なければ、差は埋まるどころか、開くばかりでしょう。スマートにやろうとか、独自性に拘るとかそういう場合ではもう無いのです。捻くれる必要はありません。施策については学識経験者、有識者に頼り過ぎず、もっと民間の声を聞き、その力を利活用するべきです。来年は神戸が攻勢に転じる重要な年になります。

今年で10年を迎えた当ブログはまた次の10年に向けて、更なる大きな変化を楽しみながら取材を続けていきたいと思います。来年もご愛顧の程、よろしくお願い致します。皆様良いお年を!

POSTED COMMENT

  1. 神奈川県人 より:

    しん@こべるん様へ。 こちらこそ神戸の情報を毎日教えて下さりありがとうございました。明日で新しい年を迎えますが、情勢が良い方に変わり神戸、兵庫県が実り有る一年になる事を期待したいです。
    但しこれも他力本願では絶対ダメで、この地からそれこそ東京圏からの大企業の本社、各省庁、大学、産業拠点の移転を図り他の道府県に出来ない事を実行するれば、兵庫、神戸は絶対に蘇ります。何とかしましょう。遠く相模原の人間として応援しております。

  2. 西区の地下鉄通勤者 より:

    しん@こべるん 様
    いつもブログを楽しみに見させてもらっています。ありがとうございます。
    神戸で生まれ育って40年の者として、現在の神戸の状況は、非常に悔しく、歯痒く思っています。
    何とかいい方向に進んでいくことを願ってます。
    来年もブログを楽しみにしています。

  3. ひろちゃん より:

    こべるん作者殿
    1年間毎日楽しみ拝見しています。
    お疲れ様。ありがとうございます。
    こべるん作者さんと同じように、神戸の人口減、やっと動き出したが遅い本当に遅い、ビルの高さ制限絶対反対、神戸駅北周辺にはまだまだ未来を描けるのに手付かず→民間に任す。交通機関は細切れ、京都とも大阪とも違うろっこうと海を生かした街。
    数え上げればきりがないが、これからもこべるんさんに頑張っていただきたい。私は読者としてずっとずっと応援しています。

  4. sirokuma より:

    こんにちは。
    今年も一年ありがとうございました。
    こべるんさんの記事と読者の方々のご意見を読ませていただくことで、神戸市行政を考える機会を得ておりますことを感謝します。読売新聞の記事は読みましたが、神戸市行政の一番の問題点は時代のスピードや変化について行けないところだと常々思っています。
    ご指摘のように神戸市には京都市に無い優位性もたくさんあります。その最たるものが空港と港湾でしょう。空港の拡充と湾岸線の名谷ICまでの延伸は神戸市の優位性をさらに高めてくれます。これを出来る限り最短で実現させることが肝要ですね。
    行政にお金がなくとも規制緩和策さえ間違えなければ、大規模な民間投資資金を呼び込むことが可能な地理的優位性を最大限に引き出す施策が必要です。
    流石に来年中にはJR三ノ宮駅の再開発計画も明らかになるでしょう。街が変わり都市が成長する姿をまた皆さんと一緒にこのブログを通して眺められることを楽しみにしています。

  5. tet より:

    今年も神戸のたくさんの情報発信、ありがとうございました。。朝1番に開く習慣はもう何年も続いていて、こべるんさんの記事を読むのが日課になっています。来年もこべるんさんにとっても神戸にとっても更なる飛躍の年になりますよう切に願っています。ありがとうございます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です