こべるん ~変化していく神戸~
兵庫県林業会館

兵庫県林業会館建替工事 竣工迫る!



築後44年を迎え老朽化していた兵庫県林業会館をCLT(Cross Laminated Timber(クロス・ラミネイティド・ティンバー)パネル工法によって建て替えるプロジェクトが進行してきましたが、すでにその建物外観が現われました!CLTは木材の板を張り合わせて造る集成材で、板の繊維方向を直交させて張るので強度が高まり、これを床や壁材として使用しています。また2時間の耐火性試験もパスしています。新しい林業会館として相応しい構造を採用したと言えます。



工事中に仮囲いには完成予想パースを掲示していました。市松模様のようにガラスとCLTパネルを互い違いに配したファサードです。この木材の外壁の仕上げ処理はどうなるのだろうと思っていました。



完成したファサードの実物です。1階のみはRC造です。CLTパネル工法を採用した2-5階の外側はガラスカーテンウォールで覆った上でCLTパネルが内壁として取り付けられた格好です。CLTパネルが外壁材の一部として使われるのかと思っていましたが、流石に耐久性や美観上の問題からかガラスで覆われました。



建物内部の建材はしっかりと木材が使用されている様子は公式のホームページ上にある工事状況から確認ができます。

http://hyougo-clt.com/news/

新林業会館はCLT工法で建設された建築(地上5階)としては国内最高層の建物です。将来的には高さ60m以上の高層ビルへの応用も可能との事。工事予定としては昨年末までだったのですでに竣工済かと思います。2月には新会館が稼働予定です。

POSTED COMMENT

  1. hk より:

    デザイン性が高い建物が出来ましたね
    そういえば神戸元町医療秘書専門学校から少し北側に行った所にいつのまにかオフィスビルのような建物が出来ていてビックリしました

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。