三宮

(仮称)HK阪急三宮駅前ビル新築工事 鉄骨工事進行中 サンキタ通り沿道の不動産価値が高まる


老朽化した2棟の雑居ビルを解体した上で土地を集約して1棟の新築ビルに建て替える再開発がサンキタ通りで行われています。鉄骨造 地上8階建てのテナントビルで、飲食店や物販テナントの誘致を想定しています。


既に8階まで鉄骨建方が進んでいますが、まだ一部の鉄骨の梁が欠けています。また南面は養生シートで覆われました。


南東角の柱の鉄骨は形状が他の角と異なり円柱になっています。この角には各階に開口部が大きく取られて大きなガラス窓が入ります。


1-2階は一括賃貸が想定されています。カフェチェーンやファーストフード店の出店を想定しているものと思われます。まだ神戸未進出の話題テナントが入って欲しいですね。タニタカフェが出店すると嬉しいです。


来春以降のサンキタ通りは歩行者の通行量が大幅にアップする可能性が高いです。神戸阪急ビル東館の建て替え、西館のリニューアルによって集客力が上がるのに加え、歩行者専用道路に再整備される事で、昼夜を問わず、賑わう通りに変化する事が期待されます。沿道沿いのテナント料や地価の上昇もこれに伴うでしょう。元々、空テナントの少ないエリアですが、より収益性を得られるようビルの建て替えや土地の集約化が進む可能性があります。今後、三宮で駅ビルや大型再開発ビルが具体化し、建設が開始されるのに伴い、民間投資が活発化すると、期待感から上昇しつつ最近鈍化に転じた地価も再び上昇率が高まるでしょう。

関連記事
三宮

和田興産 琴ノ緒町3丁目計画 二宮商店街で分譲マンションプロジェクト始動 エリアの活性化には再開発が必須

2020年4月16日
こべるん ~変化していく神戸~
店主の高齢化によって廃業が相次ぎ、空洞化の進む二宮商店街を抱える琴ノ緒町周辺。以前より更地の広がりやコインパーキングの増加が目立つエリア …
三宮

プレジャーズコーポレーションホテル計画跡地に建設中の賃貸マンション トアロードでは和田興産が新マンションプロジェクト始動

2023年4月2日
こべるん ~変化していく神戸~
中山手通3丁目でかつて計画されていた(仮称)中山手通ホテルProjectは、現在、UR布引アパートとイスズベーカリー旧本社を解体・集 …
三宮

加納町3丁目プロジェクト TAKAI B.L.D新築工事 デザイン協議が成立 今回もカーテンウォールをファサードに採用した設計

2021年10月27日
こべるん ~変化していく神戸~
加納町交差点付近で老朽化した第一田村ビルの撤去が完了し、更地となりました。跡地には高井商事が新たなビルの建設を計画しています。 プ …

POSTED COMMENT

  1. H3O より:

    記事に関係ありませんが、二宮商店街でワコーレのマンション計画の標識が立ってました。14階建てだそうです。

  2. 某京都府民 より:

    最近の三宮の状況はどうでしょうか。人通りは減りましたか。

  3. hs より:

    神戸市中央区に256戸の分譲マンションを建設という記事を見かけましたが、二宮の事ですかね

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です