ウォーターフロント

ポーアイしおさい公園から眺める新港突堤再開発エリア ジーライオンアリーナ神戸のランドマーク性がすごい



昨年11月以来5ヶ月ぶりにポーアイしおさい公園に行ってきました。今、この公園を訪れる一番の目的は、変化の著しい新港突堤エリアがどのように見えるかです。近景では頻繁に見ている変化も、遠景から眺めるとまた違った見え方を発見できます。



目下、新港突堤エリアで大きく変化しているのは第2突堤のジーライオンアリーナ神戸とその背後でツインタワー化に向けてまっしぐらのベイシティタワーズ神戸。三宮のビル群と連なって新しい風景を作り出しています。



特にジーライオンアリーナ神戸の存在感は非常に大きくランドマーク性の高い建築になりつつあります。立地的にも三宮〜神戸までの間の中央に位置し、既に要石のような存在になっています。

小さいながらもラスイートルパンビルも確認できます。



今回は久しぶりに北公園にも足を伸ばしてみました。少し角度が付くので、ポーアイしおさい公園とはまた異なった見え方が楽しめます。ジーライオンアリーナ神戸とメリケンパークオリエンタルホテルの双頭体制で神戸のウォーターフロント先端を率いて行く事になるでしょう。



現在の新港エリアの再開発が完了すると、夜景も大きく変化を遂げる事になります。これも楽しみの一つです。



第4突堤・ポートターミナルには大型クルーズ船が寄港する日常が戻ってきました。大型客船、高層ビル、山というフォトジェニックなセット風景が見られるのは国内ではほぼ神戸のみなのではないかと思います。客船の上階からは神戸の街を隅々まで見渡せるでしょうね。



以前、将来的にポートターミナルの建て替えを行うのなら、停泊岸壁を現在の埠頭東側から西側に位置を変えて新ターミナルを整備するべきかと思います。西側の方がより客船の入・寄港中の様子を他のウォーターフロントエリアから見やすいですし、客船からも神戸の都心や親水エリアを眺めやすいというメリットがあります。



神戸大橋越しに見えるウォーターフロントエリアの建築群の中にジーライオンアリーナ神戸も加わりつつあります。

関連記事
ウォーターフロント

神戸ウォーターフロントアートプロジェクトに映画「アバター:ウェイ・オブ・ウォーター」が登場

2022年11月25日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸ウォーターフロントアートプロジェクトはリニューアル工事中の神戸ポートタワーを覆う仮囲いのカバーをスクリーンとして、プロジェクションマッピ …
ウォーターフロント

「神戸港将来構想(案)」に関する市民意見提出手続(パブリック・コメント手続)の実施

2017年5月26日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸市が先日、神戸港開港150周年を祝う場にて、同港の将来構想を発表しました。すでに新聞報道等でご存知の方も多いと思いますが、この構想につい …
ウォーターフロント

改修中のポートタワーを活用したプロジェクトマッピングで神戸港を彩どる 神戸ウォーターフロント アートプロジェクトがスタート

2021年12月17日
こべるん ~変化していく神戸~
リニューアルに向けて改修工事が開始されている神戸ポートタワー。美しいタワーの姿は今後、足場と養生ネットに覆われて、完全に姿を消してしまいます …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です