こべるん ~変化していく神戸~
アパホテル神戸三宮駅前

アパホテル神戸三宮駅前 新築工事 基礎工事が進行中


10月下旬に起工式を執り行ったアパホテル神戸三宮駅の新築工事。これから約1年後の2020年1月開業を目指して建設工事が進行中です。


IAO竹田設計が設計監理を行なっています。最近のアパホテルは同社の作品率が高まっています。どちらかと言えば集合住宅を手掛ける事が多い同社ですが、ホテルのデザインにも定評があるようです。


敷地内では山留壁の構築が進められています。後ろのクレーンはホテルモントレ神戸の建て替え現場です。


仮囲いには飲食テナントの募集の看板が掲示されました。1階に飲食テナントを入れるようです。元々はA-1ステーキが営業していた場所です。宿泊者の朝食を含めた飲食サービスはテナントに任せる方向でしょうか。布引町に開業したユニゾイン神戸三宮は牛丼チェーンの松屋を入れて、朝食は松屋で提供する形を採りました。自社調理が不要で、テナント料も入るというビジネスホテルとしてはスマートな戦略です。


このエリアのホテルは新築が多勢となります。旧ワシントンホテルで、現在は星野リゾートリート法人が保有しているThe bee神戸(赤い建物)は1980年築と老朽化が進んでおり、新築ホテルとの競合には形勢が不利になるものと思われます。近い将来は星野リゾートの手腕による建て替えを期待したいところです。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。