こべるん ~変化していく神戸~
New Open

アストンマーティン神戸 三井神戸ビル1階にグランドオープン



アストンマーティン神戸が三井神戸ビル1階にグランドオープンしました。正規ディーラーとして国内7店舗目の整備工場を持たないブティック型店です。



店内に並ぶ英国製高級スポーツ車に通行する人も興味津々で覗き込んでいました。



旧居留地は今後も自動車ディーラーの都心型ギャラリーの集積地として更なる拡大を目指したいものです。メルセデスミーやレクサスミーツ等、カフェを併設した賑わい拠点となるギャラリーの進出も期待したいと思います。これだけ錚々たるブランドか出店していますので、最適な出店地があれば検討されるのではないかと思われます。三井住友銀行神戸本部ビルの低層部の商業利用が叶えば非常に有効的です。



アストンマーティン神戸の向かいは週末を中心に渋滞が深刻化しています。特に南京町を目的とする観光バスの駐停車が渋滞の大きな要因となっています。



場合によってはバスが複数台に渡って縦列し、更に2重停車している姿も時折、見受けられます。



神戸市は今年度、南京町付近の鯉川筋の歩道幅員拡大と観光バス乗降場の整備を計画しています。年度末を待たずに早期に工事の着手と完成、運用の開始が必須です。インバウンド需要の低いと言われる神戸ですが、ここ最近は鯉川筋や三宮北側で中国人、タイ人、欧米人の観光客が増えつつある感が出てきました。

関連記事

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    おはようございます。
    神戸に限らずこういう観光バスの路駐は都市の価値を毀損するものなので早急に観光バス用の乗降場の設置が必要ですね。
    土地を捻出するためにも周辺の高層化・集積化を進めないといけません。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。