こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

07« 2018 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

(仮称)神戸三宮伊藤町計画新築工事 神戸・甲陽音楽&ダンス専門学校新校  

itocho52.jpg

ヴィーナステラスを眺望点とする都心部建物に対する高さ規制導入に反対される方はこちらをクリック
(神戸市に提出する為、皆様からの反対意見を募集しています。すでに沢山の方から反対意見コメントを頂き、感謝しております。もうまもなく100コメントに達しますが、当ブログの1日辺りのアクセス数と比べると、まだまだ集められると思っています。当ブログを毎日ご覧頂いている全ての方にお願いさせて頂きたいです。これまで一度もコメントを書いた事がない方はぜひともこの機会にお願いできないでしょうか。ぜひともこの週末を利用して、ご協力の程、何卒よろしくお願い致します。

旧居留地・伊藤町で計画中の神戸・甲陽音楽&ダンス専門学校。和田興産が地上7階 延床面積4,700.00平方メートル 鉄筋コンクリート造で高さ30.90メートルの校舎ビルを東レ建設の施工で進めています。

itocho53.jpg

いよいよ最上層の7階躯体工事に達しており、塔屋の構築も始まっているようです。

1-7階まで充実した最新設備が揃い、プロを目指す学生をサポートします。私の古い友人もプロのミュージシャンになる夢を叶える為、この専修学校も提携している米国ボストンの名門バークリー音楽大学に留学していました。実際にプロになる人々はこうした専修学校に通った方が近道になるのでしょうか。

itocho54.jpg

都心地区に学生が増える事は活気が出て良い事です。旧居留地内にはまだコインパーキングが点在していますので、これらの高度利用に学校設立を目的としたビル建設に対して、市が何らかのインセンティブを設けるという事は考えられないでしょうか。

itocho55.jpg

おまけとなりますが、三宮1丁目の関電不動産開発の保有地では地質調査が終わり、簡易仮囲いが撤去されて、掘り返したアスファルトは再舗装されました。着工までやはり一旦、駐車場に戻すのではないかと思われます。予想としては年明けの着工(地中障害物撤去開始)を予想していますが、三宮中央通りは景観計画地域かと思いますので、高さ45mを越える建物は着工の半年前に建築計画のお知らせと景観デザイン協議が必要になります。高さが45mを越えない場合は3ヵ月前です。現場の状況は注視したいと思いますが、平日に通りがかられた方で何か発見した場合は情報を頂けると幸いです。

category: 伊藤町計画

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/06/30 Sat. 07:16 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

(仮称)神戸三宮伊藤町計画新築工事 神戸・甲陽音楽&ダンス専門学校新校  

itocho48.jpg

旧居留地・伊藤町で建設中の神戸・甲陽音楽&ダンス専門学校。和田興産が当初は分譲マンションの建設を目的として取得した土地ですが、計画を撤回し、敷地の南側に専修学校を建設する事に方向転換しました。

itocho49.jpg

建物はRC造の地上7階建。すでに躯体工事は6階まで進み、いよいよ上棟まであと一歩まで工事が進捗しています。6-7階はセットバックしており、デザインも下5階とは異なります。

itocho50.jpg

上棟が近づき、建物のスケール感が明確となりました。

itocho51.jpg

すでに専門学校のTVCMも放映が開始されており、この新しい校舎ビルに若者が集う日が着実に近づいています。

itocho46.jpg

気になるのは残されている敷地の北側です。今は現場事務所や資材置場として使われていますが、この建設工事完了後にはどのように活用されるでしょうか。やはり一旦はコインパーキング等の暫定利用が行われるのでしょうか。土地の形状や立地を考えると、やはりビジネスホテル向きなのではないかと思います。まさかまた分譲マンションの建設を試みたりはしないかと思いますが、今後の動向も注視していきたいと思います。

category: 伊藤町計画

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/06/02 Sat. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top

(仮称)神戸三宮伊藤町計画新築工事 甲陽音楽&ダンス専門学校新校 

itocho38.jpg

神戸・甲陽音楽・ダンス専門学校の新校が建設中の旧居留地・伊藤町。来春の開校予定で鉄筋コンクリート造 地上7階建ての校舎ビルです。

itocho39.jpg

3階の躯体工事が進んでいます。この建物は4階までが低層部でピロティ空間のあるモダンクラシックなデザインとなり、5-7階はセットバックして、デザインもシンプルな構造に切り替わります。

itocho37.jpg

地上躯体の工事が始まるまでは長かったですが、これから上棟まではあまり時間は掛からなさそうです。

itocho41.jpg

神戸三宮伊藤町計画に近接している東遊園地。芝生化された広場は二回目の越冬を終えました。ルミナリエ時に完全に消失した芝。昨年は芝を復活させる為にあらゆる保護策を講じましたが、今年は敢えて芝の持つ自然の回復力を試すという事で昨年程の対策は実施されませんでした(一時、発育を促すシート掛けは行われていました)。

itocho40.jpg

芝は復活しました。まだら模様な部分はあります。様々な種類の芝が植えられており、やはり耐久性の高さは芝によって異なるようです。これまでは社会実験の枠内での芝生化でしたが、今後、本格的に東遊園地の再整備が進められようとしています。この一環として、最も耐久力のある芝への全面植え替えが必要になってくるでしょう。

さて東遊園地の再整備ですが、市庁舎2号館の北側に位置する三宮・花時計の公園内への移設、噴水広場のある南側の活用及び用途変更、そして飲食店・カフェを含めた集客施設の公園内への誘致等が検討されています。

東遊園地の再整備は想像以上に速いスピードで実施されるようで、芝生広場を含めた北側リニューアルの完成は市役所3号館跡に建設される新中央区総合庁舎がオープンする2020年度末の直後が想定されているようです。

itocho42.jpg

カフェを建設するとなれば、このイベントステージのある辺りでしょうか。それとも現在、ファーマーズマーケットが行われている並木広場でしょうか。公園の再開発はメリケンパークが先行して成功を収めていますが、大阪では天王寺の「てんしば」や大阪城公園の「ジョー・テラス」はそれ以上の賑わいを生み出しており、特に大阪城公園は商業施設に加えて、文化施設の建設を進めており、更なる進化を遂げようとしています。また大阪は御堂筋での歩行者空間整備を拡大しており、遂には2037年を目標に完全な車両の締め出しを構想として掲げました。公園の集客施設整備による活性化は神戸が大阪を参考とした形でしたが、今回の御堂筋の歩行者空間化は少なからずとも三宮クロススクエアが影響を与えたと言えるでしょう。しかしもし実現した際のインパクトトは三宮以上になるのは間違いなく、神戸はパイオニアとしてのメンツを保つためには構想の実現に30年も掛けている事が出来なくなりました。

記事本題からはかなりずれてしまいましたが、東遊園地の再整備についてはまた別カテゴリーを開設して、本格的に整備内容について取り上げると共に、今後の取材を続けていきたいと思います。

category: 伊藤町計画

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/04/03 Tue. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top

(仮称)神戸三宮伊藤町計画新築工事 


旧居留地・伊藤町で和田興産が東レ建設によって建設中の専修学校。地上7階 延床面積4,700平方メートルの規模で、学校法人コミュニケーションアート 甲陽音楽&ダンス専門学校が音楽・ダンス・エンターテイメントの総合校として2019年4月開校予定としています。


長らく既存建物の解体から基礎工事が行われてきましたが、ようやく地上躯体へ着手しました。この建物は鉄筋コンクリート造なので、1階毎に躯体を構築していきます。現場にはタワークレーンが登場しています。


取材時はすでに2階に達していました。上棟までにはあまり時間はかからないのではと思います。


上空から見ると型枠作業の様子が分かります。コンクリートの打設を行なっています。


周囲は高層建築が取り囲みます。

甲陽音楽&ダンス専門学校はすでにこの新校の特設サイトを公開しています。

http://www.music-kobe.jp/about/facility.html

最新の練習スタジオやレコーディングスタジオ、ミニライブ会場等、本格的に音楽やダンスを学べる環境が整えられるようです。将来のアーティストが神戸から輩出されれば、神戸の宣伝をどんどんして欲しいですね。

建物の外観デザインですが、同校のツイッターに掲載されている物は塔屋が大きく構築されており、より見映えします。最終デザインがどちらなのか分かりませんが、できればツイッター版であって欲しいと思います。

和田興産には今後もマンションだけでなく、都心開発では総合デベロッパーとしても神戸の発展に寄与して欲しいと思います。次は都心でホテルかオフィスビルに挑戦の検討を期待しています。

category: 伊藤町計画

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/03/04 Sun. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top